簿記1級と税理士簿記論なら、迷わず簿記1級を選ぶべき話【体験談】

簿記1級に半年合格するための手法を、私のnoteで限定公開しました。

私が半年合格した戦略手法を全て公開しているので、内容の質は高いです。

>>簿記1級に短期合格するための具体的手法 【2020年版】

 

こんにちは、公認会計士のロディです。

簿記2級に受かると、次のステップに挑戦したくなりますよね。

特に簿記1級と簿記論は、難易度・試験範囲が似ており、どちらにしようか悩む方も多いです。

そこで本記事では、簿記1級と簿記論の違いどちらを選べば良いのかについてお話します。

ご自身にとってどちらが最善なのか、判断材料にしてみてください。

 

簿記1級と税理士簿記論なら、迷わず簿記1級を選ぶべき話

本記事では、次の点で簿記1級と簿記論を比較します。

  • 難易度
  • 知名度
  • 就活での役立ち
  • 将来性

先に言ってしまうと、すべて簿記1級に軍配です。

次に、それぞれ理由を見ていきます。

 

簿記1級と税理士簿記論の難易度を比較

「難易度」と一言にいっても色々な切り口があります。

ここでは4つの切り口で考えます。

簿記論と簿記1級の合格率で比較

まず、簿記1級・簿記論の合格率を、それぞれ見ていきましょう。

  簿記論 合格率推移

  • 2009年 9.9%
  • 2010年 12.5%
  • 2011年 14.8%
  • 2012年 18.8%
  • 2013年 12.2%
  • 2014年 13.2%
  • 2015年 18.8%
  • 2016年 12.6%
  • 2017年 14.2%
  • 2018年 14.8%

ここ10年間を平均すると、簿記論の合格率は、約14%です。
わりと難しいですね。

  簿記1級 合格率推移

  • 2014年② 8.80%
  • 2015年① 8.80%
  • 2015年② 9.60%
  • 2016年① 10.9%
  • 2016年② 9.3%
  • 2017年① 8.8%
  • 2017年② 5.9%
  • 2018年① 13.4%
  • 2018年② 9.0%
  • 2019年① 8.5%

こちらも全10回を平均すると、簿記1級の合格率は、約10%です。

簿記論よりも、さらに合格率が低いですね。
>>関連記事:簿記1級の合格率と、近道する方法【短期合格した秘訣】

合格率だけを見ると、難易度は 簿記1級 > 簿記論 となりそうです。

 

試験の回数で比較

ここで注意なのですが、簿記論と簿記1級とでは、実施される試験の回数が異なります。

簿記論は年に1度(7月)のみであるのに対して、簿記1級は年に2度(6月・11月)あります。

チャンスが2回あるので、試験の回数だけを考えれば、難易度は 簿記論 > 簿記1級 であるとも考えられます。

ロディ
簿記論の場合、1度失敗すると次はまた1年後・・・となります。わりとやる気を削がれます。

 

受験生のレベル感

ここは感覚的なお話ですが、それぞれの試験を受験する受験生のレベル感にも、やや違いがあると感じます。

実は、簿記論の受験には「受験資格」が必要であり、その受験資格の1つに「日商簿記検定1級に合格している事」があるのです。

一方、簿記1級には受験資格はなく、誰でも受験可能です。

このことから、受験生のレベルだけを考えると、難易度は 簿記論 > 簿記1級 となる可能性があります。

※ 実際の受験者層は公開されていませんので、やや感覚的になります。

 

実際に取得した感想としては

僕は、簿記1級と簿記論の両方に合格しています。

両方を取得した感想としては、簿記論の方が難しいと感じました。

簿記1級試験は、広く浅くというイメージ。
簿記論の試験は、狭く深くというイメージです。

簿記1級は、範囲が広いのですが、思考力を問うような問題はあまりなく、記憶を吐き出すタイプの試験です。

一方、簿記論も範囲は広いのですが、本番での応用力まで問われます。

単純に簿記論のほうが問われる能力が多いため、簿記論の方が難しいです。

ちなみに、簿記1級の合格に必要な勉強時間は、700時間です。
>>関連記事:簿記1級の合格に必要な勉強時間は?【実績公開】

簿記論の勉強時間も、ほぼ同等と言われていますね。

 

世間一般の知名度を比較

世間一般の知名度としては、

簿記1級 >>> 簿記論

です。

簿記って、わりと持っている人が多い資格です。

たとえば簿記3級は取ったよ、という人や、簿記2級まで持ってる、という人はわりと居ます。

簿記に触れた人たちにとって、「簿記1級」はその難易度がイメージしやすく、難しい!と分かってくれることが多いです。

一方で、「簿記論」は税理士受験生や会計士受験生であれば知っていますが、それ以外の人たちにとっては馴染みのない資格です。

よって一般の知名度は、簿記1級の勝ちです。

ロディ
一般の知名度なので、ご自身の評価には直接関係しません。
でも、周りの人の理解が得らえるという点で、目に見えない価値があります。

 

就職活動においての比較

就職への役立ち度としても、

簿記1級 > 簿記論

です。

簿記論はあくまで税理士試験の1科目ですので、税理士事務所・会計士事務所での採用要件の1つになります。

一方で、簿記1級は「会計」に関する資格試験ですので、会計事務所での採用要件の1つにもなりますが、一般事業会社の経理としての採用もあります。

簿記1級の方が、就職活動での採用に直接影響しますね。

なお、簿記論の保持を履歴書に書く場合、「税理士の他の科目に合格したら、辞められるのでは」との不安を抱く企業もあり、マイナスに働く場合があります。

よって、就職活動での評価という点においても、簿記1級に軍配ありです。

ロディ
ちなみに、簿記論を取得して税理士・会計事務所で働くと、資格取得の支援をしてくれるという事務所があります。働きながら税理士なる!という志のある方は、そのような道もアリですね。

 

将来性という点で比較

簿記1級・簿記論それぞれを取得した場合の、その後を考えてみましょう。

まず、簿記論に合格した場合、次のようなステップが考えられます。

  • 税理士科目のうち、その他の科目を取得し、税理士になる

簿記論を取得すると、その先は税理士一本道です。

次に、簿記1級に合格した場合、次の選択肢が考えられます。

  • 簿記論の取得を目指す
  • 公認会計士を目指す
  • 中小企業診断士を目指す
  • ファイナンシャルプランナーを目指す
  • 社会保険労務士を目指す

いずれも、簿記とシナジーのある国家資格です。

単純に考えて、将来性は5倍なので簿記1級のほうが良いですね。

ロディ
ちなみに、税理士試験には「財務諸表論」という科目ありますが、こちらは簿記1級とはあまりシナジーがありません。計算よりも論述形式が非常に多く、シナジーは2割程度というイメージです。

 

結論、簿記1級のほうがオススメ

まとめます。

  • 難易度は簿記1級のほうが易しい
  • また、年に2度受験できる
  • 世間一般の知名度は、簿記1級の方が高い
  • 就活においての有用性は、簿記1級の方が高い
  • 将来性についても、簿記1級の方が幅広い

総合すると、迷っているなら簿記1級の方がオススメです。

一方で、「税理士になる」という強い目的がある方は、簿記論を一直線で目指すべきです。

 

なお、簿記1級の独学合格は、ほぼ無理ゲーです。
>>関連記事:簿記1級に独学で受かる人の特徴4選【挑戦する前に、読んでほしい】

挑戦しても良いのですが、2~3年はかかりますよ。

一方、最短・最安での合格を目指すなら、ネットスクール1択です。
>>関連記事:簿記1級の通信講座は1択です。【最短合格・最安合格を狙おう】

今はどこにいても受講ができるので、良い時代になりましたね。

時間は有限なので、スクールを利用してサクッと簿記1級を取得しましょう。
>>ネットスクールで簿記1級を取る。

 

コメントを残す