【費用比較】簿記1級のスクールを効率よく選ぶならココ

こんにちは、公認会計士のロディです。

「簿記1級を取りたいけど、費用は安く抑えたい…。」

そんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 各スクールの費用を比較
  • 費用対効果の観点で、おすすめのスクールをご紹介

ちなみに僕自身も、スクールに通って簿記1級を取得しました。

一番のオススメは、僕が通ってたスクールです。(後述)

 

【費用比較】簿記1級のスクールを効率よく選ぶならココ

簿記1級の講座を開設しているスクールは、いくつかあります。

しかし、小規模なスクールは合格実績がなく、いまいち信用性に欠けますよね。

選択すべきは、ある程度の合格実績があるスクールでしょう。

小規模なスクールは確かに費用が安いのですが、指導力も低くなるので「安かろう悪かろう」になります。

そうなると時間もムダになりますし、受からないので何回も受講することになり、結果費用が高額になります。

 

優先度は、規模>費用です

簿記1級のスクール費用は、決して安くはありません。

そのため「できるだけスクール費用を安く」と考えがちですが、あまりにスクール費用をケチると、次のような弊害が生まれます。

  • 授業が分かりづらい
  • 不合格になり、何度も受験することになる
  • 結果、費用が高額になる

あくまでも目標は「簿記1級に受かること」ですからね。

安すぎるのも問題です。

短期で合格したい方は、大手のスクールを選びましょう。

 

大手スクールは3社だけ

簿記の資格スクールはたくさんありますが、大手スクールは3社だけです。

どれも業界で有名な、超大手です。

特に、TACは「会計」関連の資格スクールの中ではシェアトップですね。
授業内容も非常に分かりやすいです。

ただし、費用がちょっと高いです。

他社と比較して、1.5倍ですね。

ちょっと高すぎます。

コスパを考えるとネットスクールがおすすめ

ネットスクールがおすすめの理由は、費用が安いからというだけではありません。

ネットスクールは、TACを退職した講師が 独立して作ったスクールです。

授業の内容やカリキュラムも、TACから受け継いでいるので、TACという最大手スクールの知見を持ち合わせています。

スクールとしての歴史も20年あり、高校や大学での授業においても、ネットスクールの教材が使われています。

信頼性は問題なしです。

実際に受講した感想

僕自身も、ネットスクールで簿記1級をとっています。

半年間勉強して、一発合格です。

授業の感想としては、「ムダがなく、分かりやすい。」

これに尽きますね。

簿記1級には、「短期間+費用を安く抑えて合格したい」と思っていたので、ムダのない授業が必要でした。

他のスクールは少しやりすぎ感がありまして、確かに出題実績はあるけど10年に1度しか出ないでしょ、という論点も細かくやったりします。

でもそういう論点って、本番で出題されても、誰も解けません。

豆知識

簿記1級試験では、「傾斜配点」というのがあります。
試験で正答率が低い問題には、配点が来ません。
なので、誰も解けない問題は解けなくて良いのです。

これを知っていれば、細かい論点を勉強するのはムダだと分かりますよね。

ちなみに、スクール毎の講義数は次のとおりです。

講義数が少ないのは、徹底的にムダを排除しているため。

費用を安く抑え、かつピンポイントで合格に必要な知識が身に着くので、わりと神授業でした。

ちなみに、もう1つネットスクールの優秀なところは、「解き方講義」という講義が10回含まれている点です。

簿記の受験経験者なら分かると思いますが、いくらインプットをしても、「アウトプット」の練習をしなければ本番では得点できません。

このアウトプット方法についても講義で教えてくれるので、いかに「合格」に的を絞っているかが分かりますね。

ちなみに、ネットスクールのHPでは0円で体験授業を公開していますので、これを見てから決めてみても良いですね。

 

Web講義の有無は重要

効率良く簿記1級に合格したい方にオススメなのは、Webで授業を受ける事です。

通学よりも安く受講でき、かつスキマ時間での勉強ができるので、あまり時間の取れない社会人や学生さんにはオススメです。

ちなみに上記でご紹介したネットスクールは、通信講座に特化した予備校です。

簿記1級の通信講座は1択です。【最短合格・最安合格を狙おう】

2019/05/27

 

コースは「1年」より「半年」がおすすめ

どこのスクールでも、簿記1級コースには「1年コース」と「半年コース」があります。

個人的には、1年コースよりも半年コースがおすすめです。

理由はシンプルで、簿記1級は範囲が広く、1年も経つと忘れてしまうからです。

  • 1年コース:総勉強時間が多い
  • 半年コース:総勉強時間が少ない

半年コースだと1日あたりの勉強時間は増えますが、総勉強時間は圧倒的に減ります。
なぜなら、半年だけ覚えていれば良いからです。

1年コースになると、1日あたりの勉強時間は少ないですが、勉強しながら知識を忘却していくので、思い出すための勉強時価も追加で必要となり、総勉強時間は増えます。

なので、短期合格を目指すなら 半年コースがおすすめです。

簿記 1 級を目指すなら、「半年」で合格すべき理由

2019/05/11

 

早めに勉強を始めると、最短で合格します

これは割と当たり前なのですが、勉強開始時期が早いほど、合格も早いです。

簿記1級の試験は年に2回(半年に1回)しかありません。

少し勉強を始めるのが遅れると、また半年待たなければなりません。

逆に、今始めれば次の試験で受かるかもしれません。

あとは、スタートを切るだけですね。
>>ネットスクールで勉強を始める

 

コメントを残す