こんにちは、公認会計士のロディです。

簿記1級の取得を考え中の方へ。
その難易度が気になりますよね。

本記事では、簿記1級の難易度について、複数の視点からご説明します。

 本記事の想定読者

  • 簿記1級に興味があるけど、難易度を見てから目指すか検討したい方
  • 簿記2級に合格して、次のステップを検討中の方
スポンサーリンク

簿記1級の難易度、あらゆる角度から考察します。

よく「偏差値」で全ての資格をランク付けしているサイトがありますが、正直よく分からないですよね。

その資格によって、問われる分野が全然違いますので…。

例えば文系の人にとっての英検と、理系の人にとっての英検は難易度が違うはずです。(でも偏差値は変わらない)

ちなみに、僕自身は2010年に簿記1級に合格してまして、本記事では僕自身の肌感覚も参考として載せています。

 

合格率だけ見るとかなりの難関

簿記1級の合格率は、平均すると約10%で推移しています。

この合格率って、あらゆる試験モノの中でもかなり低い方です。

でも、例えば公認会計士試験の1次試験の合格率も、同じく約10%ですが、難易度は絶対会計士の方が上です。(実際両方取ったので分かる)

また、東大理三の合格率は約30%なので、合格率だけで見ると簿記1級の方が難しいという事に・・・。絶対ありえないですね。

ということで、単純に倍率だけで判断するのはNGです。

 

 

 

取得することで得られるもの

簿記1級の難易度が分かった上で、次に考えるのは取得のメリットですよね。

メリットについては、次の記事で紹介しています。

簿記1級を取得するメリット4つ+α【実体験】【会計士が解説】

また、就活で使いたい方にはこちらの記事もおすすめです。

簿記1級を取っただけでは、転職で有利にはなりません【現実的な話】

これらを比較衡量することで、簿記1級を取るべきか否かがより明確になります。

 

取るなら独学はおすすめしない理由

簿記2級を独学で取得した方で、簿記1級へのステップアップを考えている方は、少しだけ注意です。

上述したように、簿記1級は難関試験ですので、独学はおすすめできません。

上述した勉強時間の2倍近くかかりますので…。(半年目標なら1年に延び、1年目標なら2年に延びます。)

会計士の僕でも、予備校なしでは無理だなと感じます。

スクール費用は最安で10万円程度なので、半年~1年の時間を買うと考えればお得です。

また、簿記1級ほどの難関試験になると、予備校選びで失敗するリスクはやや高いです。

僕のおすすめはネットスクールという予備校です。

僕自身も利用し、短期間で合格しているので、信頼性は高いです。
>>関連記事:ネットスクール簿記1級講座の評判・口コミは?【会計士が解説】

 

即行動すると、合格率が上がる話

簿記1級は、間違いなく難関試験です。

難易度とご自身の取得理由をきちんと天秤にかけ、その上で「やっぱり頑張ってでも取りたい」と思ったら、走り出しましょう。

また、「よし、簿記1級を取ろう!」と思い立ったら、即行動した方が良いです。

なぜなら、その瞬間が最もモチベーションの高い時期だからです。

モチベーションは、少しずつですが下がっていきます。

難易度・合格率が分かったら、すぐに勉強を始めることで短期合格につながりますよ。