簿記を取ったら家計簿作成に役立った話

こんにちは、公認会計士のロディです。

実はぼく、2019年2月から家計簿をつけてます。

理由としては、収入を上げるだけでなく、支出を下げることも大切だと気付いたからです。

たとえば 年収が1,000万あっても、生活費が1,200万かかってたら赤字です。
高所得者でも、支出の方が多かったら 破綻します。

まぁそれは極端な例ですが、簿記が生活を楽にするのはわりと事実です。

簿記を取ったら家計簿作成に役立った話

一般的に、家計簿をつける目的は 次のとおりです。

  • 何にお金を使ったか、明確化する
  • 明確化したお金を、節約する

この2点に尽きます。

とくに1番目の「明確化」が重要でして。

よく「節約して貯金したい~」という声はきくのですが、じゃぁ何をいくら節約すべきなの?と聞くと、「う~ん…分からない」という人がほとんどです。

食費を削るべきなのか、日用品を削るべきなのか、家賃を削るべきなのか。

どれを削るのがいちばん効率的かを知るには、まず何にいくら支出してるのか、把握しないと分からないですよね。

簿記をとって役立ったこと

2つあります。

が、ちょっと説明がむずかしいです。

まず1つ目からです。

家計簿を「正確に」つけることができる

一番役立つのは、費用計上のタイミングと、実際の支払いのタイミングにズレがあるという肌感覚です。(難しい表現ですみません。)

例えば、電気代です。

電気代を「クレジットカードでの自動決済」にしている方も多いと思います。

この場合、たとえば1月の電気代は、2月末にクレジットカード登録の銀行から引き落とされます。

ここで1月の電気代を 2月末の電気代として集計してしまうと、最終目的である「節約」につながりません。

なぜなら、2月末になって「1月は電気代使いすぎたな~」と分かっても、実際に節約を始める頃には3月になっており、これでは遅すぎるからです。

ロディ
1月に電気代を使いすぎたのは、たぶんヒーターの使い過ぎが原因でしょう。でも、3月になってそれが分かっても、その頃には既にヒーターなんて使わなくなってますよね。

節約するためには、支払った時ではなく、「サービスを使った時」に家計簿に記録しないとダメです。

この点、簿記を分かっていると、この感覚がはじめから身についているので、正確に家計簿をつけることができます。

お金の管理に抵抗がなくなる

ぶっちゃけ、これが一番のメリットです。

簿記はお金の計算なので、自然とお金の計算に慣れていきます。

家計簿に対する抵抗も、あまり感じなくなります。

また、簿記をとって経理に就職した人であれば、会社の予算管理にもかかわるかと思います。家計簿って、まさに予算管理そのものなので、仕事の延長で節約できますね。

家計簿をつけるのは、超かんたんです

僕も、家計簿をはじめるまでは「面倒だなぁ・・・」と思ってたんですが、いざやってみると凄く簡単でした。

家計簿をつける人がやるべきタスク

  • 何かを購入したら、かならず領収書をもらう。
  • 領収書を月ごとに保管する。
  • 月初あたりに、前月1ヶ月分の領収書をエクセルやアプリに転記(上述した項目に振り分ける)

以上です。

領収書をもらうのは、コンビニとかで必ず貰うようにクセを付けておけば、まったく苦になりません。
月ごとの保管は、クリアファイルに入れるだけで可。
エクセル・アプリへの転記は、慣れれば30分でできます。

これを始めて、僕は3万円ほど節約できました。

月で3万円ですよ。
1年で36万円の節約ができます。

年収を36万円UPさせるのは、かなり大変です。
でも 36万円節約するのは、超かんたんでした。

ちなみに、10年で360万円の節約です。

月に1度、30分がんばるだけでコレだけ節約できるので、家計簿はつけたほうが良いですね。

簿記と家計簿まとめ

ということで、簿記をとっておくと生活にも役立つよ、というお話でした。

ちなみに、家計簿アプリやエクセルは、調べればいくらでも出てきますので、敢えてこちらでは紹介しません。

無料のものがほとんどなので、コストは月30分の手間だけですね。

コメントを残す