簿記3級の勉強方法を、公認会計士が教えるよ。【最短合格のために】

こんにちは、公認会計士のロディです。

簿記が得意すぎて、そのまま会計士になりました。

でも最初はすごく苦手で、試行錯誤していたらコツが分かりました。

「簿記の勉強をはじめたけど、このやり方で正しいのか分からない…」

そんな声にお応えします。

本記事では、簿記の勉強を始めたばかりの方向けに、効率的な勉強法を解説しています。

 想定読者

簿記が初心者の人

シンプルなので誰でも真似できます。

でも、ちょっとしたコツがあります。お見逃しなく。

 

簿記3級の勉強方法を、公認会計士が教えるよ。【最短合格のために】

まず「予備校に通うべきか?」という疑問に対しては、「通う必要はない」と断言します。

正しい勉強をしていれば、本屋で売っている教材で一発合格できます。

その先(簿記2級・簿記1級・税理士・会計士)を見据えている人は、予備校に通っても良いと思いますが。

 

簿記3級の勉強スケジュール

簿記3級の勉強スケジュールは、次の2つに区分されます。

1.インプット期間
2.アウトプット期間

インプット期間にやるべき勉強は、次のとおりです。

① テキストを読む
② 問題を解く(紙・ペン・電卓を使う)

アウトプット期間にやるべき勉強は、次のとおりです。

① 過去問・予想問題を解く
② 分からない部分は、テキストを読み直す

かなりシンプルですが、一番効率的です。
公認会計士試験においても、これは変わらないので。

簿記3級の本試験までに3ヶ月ある場合は、前半の1ヶ月半でインプット期、後半の1ヶ月半でアウトプット期とすると良いでしょう。

 

簿記3級のインプット期間

① テキストを読む
② 問題を解く(紙・ペン・電卓を使う)

理解する → 問題を解けるか確認 というプロセスです。

 

 勉強のコツ①

勉強時間よりも、テキストのページ数で管理しよう。

 

「今日は1時間やる!」とか決めてから勉強する人がいますが、失敗しやすいです。

なぜなら、達成感があまり感じられないからです。

 

 

簿記の勉強は、モチベーションとの戦いです。
はじめて見る専門用語を、毎日覚えて・理解して・正解できるようにならなければなりません。
これを1~3ヶ月ずっと続けるのって、結構大変ですよ。

 

 

勉強のスケジュールを「時間」で管理してしまうと、達成感があまり感じられず、モチベーションを維持しづらいです。

簿記の勉強がはじめての方は特に、「ページ数」で管理することをオススメします。

 

 

たとえば、本試験まで残り10週間あったとします。
テキストのページ数は、300ページだったとしましょう。

この場合、1週間で進めるべきページ数は「30ページ」です。

 

そうすると、「今日は1週間分を一気に進めてやろう!」という気力も湧いてきます。

また、「今日は30ページ進んだけど、まだやる気があるから、来週分も進めちゃおう!」という好循環も生まれやすいです。

 

 

 勉強のコツ②

テキストを読んだら、必ずその日のうちに問題を解こう。

 

「簿記」は、少し勉強したくらいでは、すぐに忘れてしまいます。

とっても大事なことなので、黄色マーカー引いてみました。

一度テキストを読んでも、次の日になったら忘れてしまう、という事がほとんどです。

なので必ず、テキストを読んだらその日のうちに問題を解き、できるだけ頭に記憶を残しましょう。

 

問題を解かずに、寝て翌日問題を解いてみるとテキストの内容を忘れており、もう一度テキストを読み直す…なんて非効率的なことが起きます。

最短で合格した人は、面倒くさがらず、必ずこのプロセスを繰り返しましょう。

 

簿記3級のアウトプット期間

① 過去問・予想問題を解く
② 分からない部分は、テキストを読み直す

テキストを読破したら、次はアウトプット期間に入ります。

ここでは、「本番で出される形式の問題を解けるようにする」ことが目的です。

 

まず初めに言っておくと、初めは過去問・予想問題がほとんど解けないと思います。

そのくらい、練習と本番には差があります。

よく過去問を初めて解いた人で「うわ、こんなに出来ないなんて…勉強不足だな…。」とショックを受ける人がいます。

でも、それが当たり前です。ショックを受ける必要は、まったくないです。

あくまで目的は、「本番で出される形式の問題を解けるようにする」ことです。今解ける必要はないんです。

 

 

 勉強のコツ③

初めは1問ずつ、解いたら答え合わせをする。

 

最初から過去問1回分など、全てを解くのは避けましょう。

上述したように、最初はまったく解けません。
解くことが重要なのではなく、解けるようにすることが重要です。

一気に問題を解いてから答え合わせをすると、解説の理解にとてつもない時間がかかります。

時間がかかるのでモチベーションが下がりますし、そもそも最初の方に解いた問題を忘れてしまっている可能性すらあります。
これでは時間のムダです。

1問解いたら、すぐに答え合わせし、解説を理解する。この短距離走を繰り返すべきです。

最初は全然進まないので、疲れたら残りは次の日に繰り越して良いです。やり過ぎてモチベーションを下げるよりはよっぽどマシです。

 

 

 勉強のコツ④

分からない部分は、解説だけでなく、必ずテキストを読み直す。

鉄則です。

何かを理解する時・覚える時は、必ず「テキストで」理解し・覚えましょう。

誤解のないように補足すると、「解説を読む必要はない」というわけではないですからね。
解説も必ず読んでください。

 

問題の解説は、テキストの言い回しとは少し違っていたりします。

同じ知識を別の言い回しで説明されると、ヒトは混乱します。

何度か読んでいると、「あぁ、同じことを言っているのか。」と理解できるのですが、この時間はハッキリ言って時間の無駄です。

 

また、みなさんの教材はあくまで「テキスト」です。

知識を思い出す時に第一にアテにするのは、「テキスト」なのです。

もしテキストの該当箇所を読んでも、問題の解説に似た表現が記載されていない場合は、テキストに解説を書き写すと良いでしょう。

後でテキストを見返した時に、「問題すらも思い出せてしまう状態」が理想です。

 

読むべき教材がいくつも出来てしまうと、どこに必要な情報が書いてあるのか、分からなくなってしまいます。
この煩雑さをゼロにするために、「必ずテキストで覚える」というクセを付けてください。

 

もちろん、これは「短期合格」したい人向けでして、やらなくても合格できます。勉強時間は増えますが。

 

 

 勉強のコツ⑤

ノートは作らなくてOK

よく図をまとめたり、理解するための自分用ノートを作る人がいますが、必ず失敗します。

実は僕自身も、同じ失敗をした経験があります。

なぜこれが「失敗」なのかというと、コストパフォーマンスが非常に悪いからです。

ノートを作るということは、「自分で1から教材を作る」ということを意味します。
でも、目の前には完璧な教材「テキスト」があるはず。

ノートを作るよりも、テキストに必要な文言を追加する方が、絶対に効率的です。

 

ノートを作っても、結局テキストの方がデキが良いです。
作ったノートを見直す機会は、ほとんどないです。そのため、ノートを作る時間が無駄になります。

 

ノートを作っている時って、楽しいですよね。分かります。
でもそこで楽しむなら、勉強を早く終わらせて遊んだほうが楽しいはずですよ。

 

簿記3級の勉強方法「仕訳を記憶する」

簿記3級の、具体的な勉強法です。

 

どうやったら問題を解けるようになるのか?

この疑問を解決します。

さて、まず次の問題を読んでください。

甲商店に対する買掛金¥5,000および売掛金¥1,000の決済日につき、甲商店の承諾を得て両者を相殺処理するとともに、買掛金の超過分は小切手を振り出して支払った。

まだ簿記3級を勉強していない人は、解けないかと思います。

一方、上記の論点を学習済みの人は、できないとダメです。

もっと言うと、回答までに30秒以上かかったら勉強不足です。

 

そういうお前は何秒で解けるんだよ? と言われそうですね。

僕の場合、5~6秒で回答が浮かびます。

 

その「差」は、「同じ問題を解いたことがあるか」「回答を記憶しているか」です。

僕の頭の回転が速いわけではなく、単純に同じような問題を数多く解いており、答えまで暗記しているので即回答できるのです。(もちろん、まったく同じ問題を解いたことはないですよ。)

 

なので、とにかく問題を解いて、答え(仕訳)を暗記してください。

 

ぶっちゃけ、これの繰り返しで合格します。
逆にこのシンプルな繰り返しができない人は、不合格になる可能性が高いです。

 

これだけだと不親切なので、問題を覚える時のポイントを解説します。

僕は「5~6秒で回答が浮かぶ」と言いましたが、「そもそも読むのに5~6秒以上かからない?」と疑問を感じませんでしたか?

実は、問題はほとんど読んでいません。眺めているだけです。(上記の問題は文章が短いので、眺めるだけで回答は浮かびます。)

ただ、要所要所だけはちゃんと見ています。

僕が見ている要所は、次の部分です。

甲商店に対する買掛金¥5,000および売掛金¥1,000の決済日につき、甲商店の承諾を得て両者を相殺処理するとともに、買掛金の超過分は小切手を振り出して支払った。

 

ちなみに回答は、次のとおりです。

買掛金 5,000 / 売掛金   1,000
         / 当座預金 4,000

 

仕訳で回答すべき勘定科目を、問題文を見る段階で、ピンポイントで拾っていることが分かりますね。

これは、練習すれば誰でもできます。

練習方法はシンプル。

問題を解く→仕訳を見る→仕訳を記憶する これの繰り返しです。

何度も言いますが、これの繰り返しで受かります。簿記3級は、仕訳さえできれば受かりますから。

 

簿記3級の回答スピードを更に速くする

以上、簿記3級の勉強法でした。

シンプルだけど超重要。

ちなみに、簿記3級の勉強スピードを更に速める手段として、「良い電卓を使う」という手段があります。

「早打ち電卓」使ってますか?

「何それ、知らない…」という人は、ちょっと損しています。

電卓スピードを速めることで、勉強時間を短縮し、試験での回答スピードもUPさせることが可能です。

簿記3級をさっさと取得して、人生を効率的にしましょう。

>>関連記事:日商簿記検定用のおすすめ電卓6選【公認会計士が厳選】

 

また、簿記3級を無料で勉強したい人は、こちらの記事も参考になります。
>>関連記事:【完全無料】簿記3級を無料で取得する方法【お金をかける必要なし】

 

 

コメントを残す