簿記2級の難易度は、なぜ下がったのか?【対策を伝授】

こんにちは、公認会計士のロディです。

「簿記2級の難易度が知りたいな」
「勉強を始める前に、検討材料がほしいな」

こんなご要望に、お答えします。

 

 

 

 

簿記2級の難易度

簿記2級の難易度は、「合格率」と「合格に必要な点数」から見る事ができます。

 

簿記2級の合格率推移

日商簿記検定2級の合格率は、次のように推移しています。

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
152(2019.6.9) 55,702名 41,995名 10,666名 25.4%
151(2019.2.24) 66,729名 49,766名 6,297名 12.7%
150(2018.11.18) 64,838名 49,516名 7,276名 14.7%
149(2018.6.10) 52,694名 38,352名 5,964名 15.6%
148(2018.2.25) 65,560名 48,533名 14,384名 29.6%
147(2017.11.19) 63,757名 47,917名 10,171名 21.2%
146(2017.6.11) 58,359名 43,767名 20,790名 47.5%
145(2017.2.26) 78,137名 60,238名 15,075名 25.0%
144(2016.11.20) 72,408名 56,530名 7,588名 13.4%
143(2016.6.12) 58,198名 44,364名 11,424名 25.8%

ちなみに、合格率の推移をグラフにすると、以下のようになります。

もっと古いデータもあり、これらを平均すると、簿記2級の合格率は約25%です。

上記データでは、144回がやや低くなっており、146回はかなり高くなっています。(2人に1人という、驚異的な合格率。)

このように、回によって合格率には若干のバラつきがあります。

ただし例外があります。

 

例外

  • 149回~151回の合格率

この例外について解説します。

 

 149回から合格率が下がった理由

149回(2018年6月)、150回(2018年11月)、151回(2019年2月)と、3回連続で平均を下回る合格率(12%~15%)で推移していた事がわかります。

この理由は、試験範囲が改訂されたためです。

具体的に、変更内容は次のとおりです。

変更された回

  • 147回

追加された内容

  • 連結会計(その1:資本連結)
  • 連結会計(その2:連結会社間の取引・未実現損益の消去)
  • 連結会計(その3:連結精算表および連結財務諸表の作成)

147回から、「連結会計」という分野が追加されています。

連結会計は、従来「簿記1級」の範囲でした。しかし、連結会計は実務で多く用いられるスキルであり、簿記2級にも含める事とされました。

かんたんに言ってしまえば、「難しい論点」が簿記2級に追加されたのです。

「あれ? 147回から追加されたのに、147回の合格率は普通だよ?」 というツッコミがありそうですね。

147回の合格率がさほど低くない理由には、試験委員の意図が入っています。

このような難易度の高い論点を追加して、仮に合格率が急激に下がると、受験生からブーイングを受け、受験生が減少してしまうリスクがあるためです。

そのため、147回から連結会計を追加したものの、難易度は易しめに設定されていました。

148回も同様です。

しかし、149回から本格的に連結会計が猛威を振るい始めました。

149回から3連続で、合格率12%~15%と低調に推移しています。

簿記2級の受験生としては、最も辛い時期でした。

 

 152で合格率が上がった理由

しかし、152回ではグッと合格率が上がり、平均を上回ることになりました。

理由は、各予備校が対策できるようになったからです。

簿記2級の講座を開講している予備校では、「過去問を活用した分析」を行っており、この分析結果を教材に反映させています。

151回までの過去問データが蓄積されたことで、予備校も的を得たテキストを作成でき、合格率を持ち直すことができました。

 

簿記2級の合格に必要な得点数

簿記2級の出題要旨は、次のとおりです。

試験科目 試験時間 合格基準
商業簿記
工業簿記
(原価計算を含む)
5題以内
120分 70%以上

 

詳しく解説しますと、100点満点中、70点取れば合格です。

100点の内訳は、次のとおりです。

  • 商業簿記 60点
  • 工業簿記 40点

いわゆる「足切り」と呼ばれる制度は、ありません。

例えば、商業簿記60点+工業簿記10点 = 合計70点 でも合格できます。

 

商業簿記と工業簿記、どっちが難しい?

よく聞かれる質問ですが、「テクニック」さえ分かっていれば、難易度は圧倒的に 工業簿記>>>商業簿記 です。

商業簿記は、簿記3級で既に学習済みであり、単純に範囲が増えただけです。

そのため、とっつきやすいという意味で、学習が楽に感じる方が多いです。(初めのうちは)

一方で、工業簿記は新たに学習する分野ですので、とっつきづらいと感じる受験生が多いです。(初めのうちは)

どちらも「初めのうちは」と但し書きしました。

というのも、ある程度学習を進めると、工業簿記の解き方・テクニックが分かる瞬間が来ます。

これに気付くと、カンタンに満点を採れるようになるのが、工業簿記です。

商業簿記・工業簿記どちらもしっかりと学習しなければなりませんが、コスパが良いのは工業簿記です。

 

これからの簿記2級の難易度予測

大きな範囲改訂は、147回以降なされておらず、また将来的な範囲改訂も公表されていません。

既に各予備校のテキストも完成レベルにありますので、合格率が下がる事もあまり考えられず、難易度は通常通り(ふつう)で推移するでしょう。

ただし、「会計基準」は毎年改正されており、これが簿記2級に影響を与える事もあります。

その意味でも、実は何の改正もされていない今がチャンスと言えるでしょう。
>>関連記事:簿記2級の通信講座、格安・最短で合格したいならドコがおすすめ?

 

簿記2級の合格に必要な勉強時間

簿記2級に合格するためには、最低でも250時間の勉強時間が必要です。
>>関連記事:簿記2級の勉強時間は、何時間必要? 短期合格のコツを伝授。

ちなみにこれは予備校の講座を受講するのが前提でして、独学だと最低350~400時間は必要です。

仮に3ヶ月で合格を目指した場合、1日あたりの勉強時間は次のとおりです。

 1日あたりの勉強時間

  • 予備校生:2.7時間
  • 独学生:4.2時間

時間に余裕のある方は独学で良いかもしれませんが、通常はスクールを使います。

 

 ちなみに…

ごく稀に、「100時間で合格した」とか書いている人がいますが、ぶっちゃけ無理ですよ。

公認会計士試験に合格している僕ですら、絶対無理と感じますから。

 

簿記2級に合格するために、大切なこと

簿記2級の勉強法は、次の記事で詳細に解説しています。
>>関連記事:簿記2級の、間違った勉強方法【これをやってると失敗します】

ここでは簡単に、合格に必要な3つのポイントをご紹介します。

 

 合格するためのポイント

  • 丸暗記ではなく、「正しい理解」を
  • できるだけ、毎日勉強する
  • スクールを受講する

 

丸暗記ではなく、「正しい理解」を

簿記3級までは、暗記がメインだったかと思います。

数多くの勘定科目・仕訳を記憶したことでしょう。

一方、簿記2級ではそこまで多くの科目・仕訳は出てきません。

代わりに、理解を問う問題が数多く出題され、応用力が試されます。

一発で合格したいのであれば、正しい理解を心がけましょう。

 

できるだけ、毎日勉強する

簿記3級で感じた方も多いと思いますが、簿記は少しでも勉強しない期間ができると、あっという間に勉強内容を忘れてしまいます。

時間のない方にとって、毎日勉強するのは大変だと思いますが、毎日学習する事が一発合格に繋がります。

簿記2級の難易度は25%と、決して高くありません。

合格のために、この辛さを乗り越えましょう。 最短合格を目指せば、辛い期間もあっという間です。

 

スクールを受講する

上記2つの辛さを軽減させる方法として、スクールがあります。

通信で分かりやすい授業を手軽に視聴できるため、いつでも正しい理解をサポートしてもらえます。

また、独学よりも圧倒的に授業が分かりやすいので、毎日の勉強の辛さを軽減してくれます。

勉強時間もだいぶ短縮できるので、ぶっちゃけスクールは必須です。
>>関連記事:簿記2級の通信講座、格安・最短で合格したいならドコがおすすめ?

 

簿記2級は非常にコスパの高い資格試験です。

ぜひ当サイトを参考に、短期合格を目指しましょう!

コメントを残す