簿記1級の合格率は低いけど、合格するのはそんなに大変じゃない話

こんにちは、公認会計士のロディです。

簿記1級の勉強しようかな、と考えている方にとって、合格率は気になるところですよね。

簿記1級試験の合格率は低いのですが、実は合格するのはさほど難しくありません。

そこで本記事では、簿記1級の合格率と、さほど難しくない理由、合格するための効率的勉強法、の3点を解説いたします。

実際に僕も半年で合格していますので、身をもって立証済みです。

 

簿記1級の合格率

簿記1級の合格率は、次のように推移しています。

152回: 8.5%
150回: 9.0%
149回: 13.4%
147回: 5.9%
146回: 8.8%
144回: 9.3%
143回: 10.9%

ややバラつきはありますが、簿記1級の合格率は約10%です。
倍率にすると10倍です。

これを見て、「うわ、難しそうだな…」と感じる方は多いはずです。

でも実のところ、合格するのはさほど大変じゃないです。

 

合格するのはさほど大変じゃない理由

理由は、正しい勉強スタイルを確立している受験生が少ないからです。

簿記は一般的な資格なので、誰でも参入できる試験です。

それゆえ、あまり勉強法を知らない人たちが参入してくるので、合格率が下がります。

逆に言えば、正しい勉強スタイルを確立することで、スムーズに合格します。

 

合格率を上げるための正しい勉強スタイル

具体的な勉強法(仕訳の覚え方や、理解の仕方)は、簿記2級までとさほど変わりません。

変わるのは、「勉強への取り組み方」すなわち勉強スタイルです。

全部で4つあります。1つ1つ見ていきましょう。

 

① 勉強時間の確保

ぶっちゃけ、これが一番重要です。

不合格者のほとんどが、単なる勉強不足ですので。(社会人受験生は、時間がとりづらいので勉強しなくなる→落ちる)

ちなみに、簿記1級の勉強時間は、最低でも700時間必要です。
>>関連記事:簿記1級の合格に必要な勉強時間(実績)

また、勉強期間を延ばすと、総勉強時間は増加するので注意しましょう。

例えば、半年で合格するなら700時間で済みますが、1年で合格するなら1,000時間は必要です。

この勉強時間は、絶対に避けて通れません。

勉強を始める前に、絶対に腹をくくっておきましょう。

勉強を始めてから、「やっぱり大変だな…」と感じると、撤退につながる可能性が高まります。
これではせっかくの勉強時間が、すべて水の泡です。

 

② 毎日勉強する

社会人の方は特に、土日に限定して勉強しがちです。

しかし、これは間違った学習スタイルです。

理由はかんたんで、「簿記は1日経つとすぐに忘れるから」です。

僕自身も、公認会計士試験の受験生だった頃、簿記だけは毎日必ず触れるようにしていました。
いろいろ試行錯誤した結果、やはり毎日触れないとダメだ、という結論に至りました。

土日に勉強して知識を身につけたとしても、平日に復習することなく次の土日を迎えた場合、また理解し直す必要が出てきます。

これはかなり非効率でして、時間をムダにしているだけです。

ただでさえ時間が無いのですから、このような無駄は排除すべきです。

大変だとは思いますが、毎日勉強する事を心がけましょう。

土日にがっつり勉強するよりも、毎日少しずつ勉強した方が、総勉強時間も少なく済みますからね。

 

③ 資格スクールを使う

これはマストです。

簿記3級・簿記2級までは独学でなんとか行けるのですが、そのままの感覚で簿記1級に突入すると、ほぼ落ちます。

簿記2級まではさほど理解しなくても(丸暗記でも)合格できますが、簿記1級では正確な理解が求められますので。

簿記1級の内容は、はっきり言って非常に難解です。
一人でテキストを読んでいても、一向に理解できない内容がたくさん出てきます。

公認会計士試験や税理士試験の内容と被っている部分が多いので、当然と言えるでしょう。

この難点を補えるのが、スクール(予備校)の授業です。

一人で文字を読むよりも、講師から解説を受ける方が、学習スピードが遥かに高く効率的です。

また、マーケティングの世界では、文章よりも動画の方が、5,000倍もの情報量を得られると言われています。(3Vの法則)

勉強時間を節約し、合格率を上げるためにも、スクールの利用はマストです。
>>関連記事:【費用比較】簿記1級に合格するためのスクールは1択

 

④ スクールには通学しない

スクールに通学するのは、あまりおすすめしません。

理由は2つあります。

・通学時間が無駄
・講師の質がバラバラ

そもそも通学時間が無駄です。

10~20年前であれば通学講座がメジャーでしたが、今はPCやスマホで講義が見れます。

また、スキマ時間で少しずつ勉強できるので、

勉強時間をきちんと確保するためにも、Webの授業を受けるようにしましょう。

また、通学講座は講師の質がバラバラなので問題アリです。

いくら大手の予備校と言っても、校舎によって赴任している講師は違いますから、当然授業の質にバラつきがあります。

 

一方で、Web講義を担当する講師は、基本的に1人だけです。

1人の人気講師が、講義の収録をして全国に配信します。

人気講師の方が、はるかに分かりやすい授業をしてくれますので、Webで講義を受けるべきです。

 

また、「通学した方が、勉強を強制されるから継続できそうだよ」という意見もあるかと思います。

が、それは間違いです。

そもそもやる気がない場合、通学さえしなくなります。
そしてそのやる気を削ぐ原因が、「通学の面倒くささ」だったりします。

先述したように、一番重要なのは「勉強時間の確保」です。

勉強に対するモチベーションが下がると、勉強時間が確保できなくなります。

やる気をうまく維持できると、勉強を継続することができます。

 

勉強時間を確保し、毎日継続すれば合格。

以上が、簿記1級に合格するためのポイントです。

合格率は10%ですが、90%が不合格となっているのは、上記が実践できていないだけです。

勉強を始める前に、ぜひ上記を意識し、戦略的に勉強を始めてくださいね。

 

コメントを残す