こんにちは、公認会計士のロディです。

職業柄、多くのカシオ電卓を使い倒してきました。

そこで今回は、「カシオ」のオススメ電卓をご紹介します。

電卓は、用途によって機能・デザイン・価格が変わりますから、それぞれ用途ごとにオススメをご紹介します。

 

スポンサーリンク

カシオ電卓おすすめ1【資格試験なら】ND26S

簿記・電検・公認会計士・税理士など、資格試験ならコレがおすすめです。

資格試験での「電卓」には、次の機能が必須ですが、全て備わっています。

 資格試験で必須の機能

  • 早打ち機能
  • 「√」「日数計算」「検算」などの機能
  • メモリー機能
  • 12桁表示
  • サイレントキー
  • 画面が見やすい

私が簿記・公認会計士の受験生だった頃、ずっとコレを愛用していました。

5年間使っても全く問題なく使えており、かなり頑丈です。

ケースに入れず、よく落としたりもしましたが、全く問題なし。

カシオ自体も、無償で5年保証をつけているのですが、たぶん5年以内に壊れることはほぼないです。(だから保証つけてるのかも…)

欠点としては、かなり人気なので使用者が多く、人と被りやすいこと、くらいでしょうか。

あくまで「試験合格」を目的にされている方は、こちら一択だと思います。

簿記用の電卓については、日商簿記検定用のおすすめ電卓6選で全ランキングをご紹介しています。

 

カシオ電卓おすすめ2【経理実務なら】JS-20WK

経理や事務などの実務で使うなら、JS-20WKがオススメです。

Amazonだとかなり安いので  お得。(定価:14,000円 → Amazon:8,000円)

 実務で必要なスペック

  • 早打ち機能
  • 「√」「日数計算」「検算」などの機能
  • メモリー機能
  • 12桁表示
  • 画面が見やすい
  • コンパクト

資格試験のための電卓にも必要なスペックですが、併せて「コンパクトさ」が大切です。

高機能なものほど、電卓自体が大きくになります。しかし、仕事ではあまりに大きすぎると、資料やキーボードの邪魔になります。

カシオの電卓の中で、仕事に必要な機能を備え、かつ最もコンパクトなのがこちらの電卓です。

もちろん資格試験にも使えますが、少しだけ値段が高くなるのがデメリット。

この電卓もかなり頑丈ですので、(電池を7年毎に交換すれば)半永久的に使えます。

 

カシオ電卓おすすめ3【高級志向なら】S100

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥29,800 (2021/02/28 16:47:19時点 Amazon調べ-詳細)

現在、私が使用しているのがコチラの電卓です。

特徴は、

  • 市販電卓のなかでは最高級
  • 市販電卓のなかでは最高品質
  • デザイン性良し
  • 所有欲が満たされる

もうね、とにかく所有欲が満たされるのです。(男性の方なら、分かってもらえるはず…!)

見た目がカッコよく、地味に目立ちます。

 

私は公認会計士・税理士として、ここ10年間で数多くのクライアント・同僚たちと仕事をしてきましたが、コレを使っている人を見た事がありません。

生産台数もかなり少なそう。

人と被らないので、ずっと満足してます。

購入して3年経ちましたが、全く傷がつかない頑丈っぷり。↓

 

<写真(更新中)>

多分あと10年以上は使います。

使用感など、詳細は最高級電卓【カシオs100】を公認会計士が使用してみた感想。をご参考ください。

余談ですが、公式サイトだとポイントが廃止されているので、Amazonで買うのが最安です。

 

カシオ電卓おすすめ4【コスパなら】DF-120GT

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥2,382 (2021/02/28 21:44:24時点 Amazon調べ-詳細)

公式サイトだと 7,700円(税込) なのですが、Amazonだと 2,500円(税込) 以下で買えます。かなりお得。

 特徴

  • 桁数:12桁
  • 重さ:195g(かなり軽い)
  • 消費税の計算機能:あり
  • 電池寿命:7年

スタンダードな性能ですが、持ち運びやすく、電池の持ちも長く、Casio製の中では最もコスパが高いと思います。

ただし、裏面のラバーが半分しか付いていないため、テーブルによっては「やや滑りやすい」と感じる可能性があります。

この性能・価格なので、この位のデメリットは仕方ないかもしれません。

 

カシオ電卓おすすめ5【デザイン性なら】JF-Z200GD

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥6,980 (2021/02/28 16:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

カシオは「デザイン性」よりも「機能性」を大切にしており、シャープのような「カッコよさ」を優先した電卓は少ないです。

その中でも人気だったのが、 JF-Z200GD です。

ゴールドです。目立ちます、かなり。

非常に好みが分かれるかと思いますが、用途としては「レセプション」「客間」など、高級感の求められるスペースで利用されます。

全体の色味だけでなく、たとえば文字のフォントも変えたりと、かなり細部に凝っています。

なお、カシオ製なので性能は当然高いです。

 性能

  • 12桁表示
  • 概数計算
  • 消費税計算
  • 時間計算

といった感じで、むしろ一般的な電卓よりも高性能です。

ただし「キーがやや重い」と感じるため、電卓に慣れていない女性の方には、少し不向きかもしれません。

なお、もっと良いデザインの電卓は、おしゃれな電卓おすすめ30選でご紹介しています。

 

カシオ電卓の特徴(シャープと何が違う?)

シャープvsカシオ

シャープとカシオの電卓の大きな違い。

それは、「キー配置」です。

上記の写真を見ると分かるとおり、カシオは「C(クリア)」「AC(オールクリア)」ボタンが左側に配置され、「0(ゼロ)」ボタンが左側に出ています。
また、「四則演算(+-×÷)」が縦一列に並んでおり、「=(イコール)」は左側に出ています。

どちらが使いやすいか?とよく聞かれますが、正直「好み」のレベルです。

実は、私は元々「シャープ」を使っていました。

しかし、S100という高級電卓が販売されてからは、ずっと「カシオ」になっています。

電卓を切り替えたところで、ほぼ影響はなかったので…乗り換えによるデメリットはほぼ無いと考えてOKです。

 

ちなみに(ちょっとした雑学ですが)、電卓の歴史はカシオの方が長いです。

カシオは1954年に日本初の電卓を発売し、その10年後(1964年)にシャープが追随しました。

そのため、カシオ製電卓の方がラインナップが豊富で、機能性も優れています。

なお、シャープ製の電卓についてはシャープの電卓おすすめ3選でご紹介しています。

 

カシオ製のオススメ電卓まとめ

まとめです。

 カシオ製の電卓(用途別)オススメ

今回は「カシオの電卓」に絞ってご紹介しました。

電卓は、モノによって操作効率が全く違います。

ぜひ本記事をご参考いただき、「仕事」「勉強」の効率を上げてくださいね。