会計士が登録すべき転職サイト【ニーズに合わせて使い分けよう】

cpa-career-change-website

こんにちは、公認会計士のロディです。

去年転職して、年収200万アップしました。
転職成功ですね。

転職を成功させるためには、転職サイトへの登録が必須です。

今回は、僕が転職を成功させた際、実際に使用した転職サイトを紹介します。

初めに申し上げておくと、全てに登録する必要はありません。

働きながらの転職活動ですから、時間は限られますよね。

非効率なことは避け、効率的に転職しましょう。

 

 

会計士が登録すべき転職サイト

cpa-career-change-website01

初めに、会計士が転職で利用するサイトを全てご紹介します。

  • マイナビ会計士
  • ジャスネットキャリア
  • MS-JAPAN
  • REXアドバイザーズ
  • JACリクルートメント
  • PCP
  • ビズリーチ
  • doda
  • リクルートエージェント
  • エンジャパン
  • リクナビNEXT
  • Antelope
  • 人材ドラフト
  • JICPA career Navi
  • movin
  • 会計人材バンク
  • ミイダス
  • @type
  • パソナキャリア

多すぎますね。

網羅的に挙げたので、かなり小規模なサイトも含めています。

次に、これらをカテゴリ別に分類します。

 業界への理解度が高く、求人数が多い

 業界への理解度は高いが、求人が少ない

  • REXアドバイザーズ
  • JACリクルートメント
  • PCP

 求人数は多いが、理解度が低い

  • ビズリーチ
  • doda
  • リクルートエージェント
  • エンジャパン
  • リクナビNEXT

 求人数が少なく、理解度も低い

  • Antelope
  • 人材ドラフト
  • JICPA career Navi
  • movin
  • 会計人材バンク
  • ミイダス
  • @type
  • パソナキャリア

これらすべてに登録するのは不可能です。

そこで、これらの中から選別します。

選別基準は、次のとおり。

  • 多くの求人案件を保有している
  • 会計士業界に精通している

求人数の多さは当然のことながら、企業への理解度や会計士業界への理解度が高くなければ、求人の詳細を知ることが難しくなります。

上記基準により、選ばれるのは次の3つの転職サイトです。

ぶっちゃけ、この3つに登録しておけば問題なしです。

いずれも会計士業界に特化した転職サイトであり、求人数もダントツですので。

それ以外に登録するとすれば、doda・ビズリーチのいずれかが良いです。

それぞれ保有案件が多く、万が一上記3社から漏れていた案件があった場合に、拾い上げることができますので。

僕もdoda・ビズリーチを利用しましたが、結果的に不要でした。(上記3社で網羅できてた)

 

各転職サイトの特徴

cpa-career-change-website02

とはいえ、上述の3社にはそれぞれ特色があります。

  • マイナビ会計士: 全般的に強い
  • ジャスネット: 会計事務所・コンサル系に強い
  • MS-JAPAN: 事業会社(経理など)に強い

「強い」というのは、各企業への理解度の高さを指します。

たとえばMS-JAPANであれば、事業会社への営業に力を入れているので、各事業会社の詳細を深く理解しています。

お気付きになったかもしれませんが、それぞれ特色が異なりますので、3つを使い分けるのが効率的です。

ちなみに、上記の特徴は僕の実感でもありますが、それぞれの転職サイトのエージェントも同様の事を話しています。

転職サイトの人たちも、戦略的に住み分けをしているようですね。

次に、主要3社それぞれにフォーカスしてご紹介します。

 

会計士におすすめの転職サイト①: マイナビ会計士

cpa-career-change-website-mynavicpa

 特徴

  • 全般的にバランスよく理解度が高い
  • ES添削などをしてもらえるため、初心者に優しい
  • 求人数が最も多い

僕が転職した際にも、結果的にこちらのサイトから転職しました。

大手マイナビのナレッジがあるので、安心感が一番あります。

面接前にはESや職務経歴書といったものを提出するのですが、初めての転職だと書き方がよく分からないですよね。

そんな時に電話でESを見ながら直してもらえましたので、初心者には特に有益な転職サイトです。

求人数は1万5,000件と最も多く、全分野に強いので、まずはこちらを登録しておくと良いですよ。

また、他のサイトや利用者の感想を聞いても、こちらの評価は非常に高いですね。

 

会計士におすすめの転職サイト②: ジャスネットキャリア

cpa-career-change-website-jusnet

 特徴

  • コンサル・事務所系への理解度が高い
  • キャリアカウンセリングに定評あり
  • ホームページの情報量がとても多い

ジャスネットは、コンサルティング会社や会計事務所・税理士事務所に強い転職サイトです。

コンサル・事務所系狙いの方は、こちらに登録しておくと、より深みのある情報が得られますね。

こちらもマイナビ会計士と同様に、転職初心者に優しいと感じます。

その理由は、キャリアカウンセリングがとても上手であったという点です。

キャリアカウンセリングとは、カウンセリングにより本人が気付かない価値観や方向性を示し、今後のキャリア方針を決めていく事です。

当時、何をしたいのかすら明確でなかった僕は、ジャスネットの担当エージェントから細かくカウンセリングを受けました。

その結果、転職を成功することができました。

ジャスネット経由の求人からも、複数の内定を貰いました。

ホームページの情報量が多いのも特徴的でして、他の会計士がどのように転職を成功させたのか、ロールモデルが非常に多く記載されています。

また、ジャスネットキャリアの評判は非常に高いです。
>>関連記事:ジャスネットキャリアの評判と口コミまとめ【辛口評価】

 

会計士におすすめの転職サイト③: MS-JAPAN

cpa-career-change-website-msjapan

 特徴

  • 事業会社への理解度が高い
  • 担当者の知識量が豊富
  • ホームページの情報量がとても多い

MS-JAPANは、事業会社(つまり経理や監査部)に強い転職サイトです。

事業会社をメインで考えている方は、こちらを登録しておくべきです。

また、担当者の知識レベルが高いのも特徴的です。

有資格者(弁護士・会計士・税理士)ごとに担当エージェントが分かれているため、各業界に精通した担当者が多いです。

僕を担当した方も、キャリア15年のベテランの方でして、非常に優秀な方でした。

面談時、何を聞いても即答されたのは驚きでした。

様々なサイトの評価を見ても、担当者の質にさほどばらつきがなく、信頼性は高いようですね。
>>関連記事:MS-JAPANの評判と口コミ【サービスの質は?満足度は?】

 

転職サイトを使った転職活動の流れ

cpa-career-change-website03

それぞれ、サイトへの登録は10分程度で終わります。

次に、転職活動の流れをご説明します。

転職活動は、次のように流れて行きます。

① 転職サイトに登録
 ↓
② 面談
 ↓
③ 自己分析・業界分析・企業分析
 ↓
④ ESを書く
 ↓
⑤ 求人に応募する
 ↓
⑥ 面接
 ↓
⑦ 内定
 ↓
⑧ 転職

感じたかもしれませんが、わりと大変です。

とっても時間がかかります。

転職は、どんなに早くても3ヶ月はかかります。

また初めての方は特に、

「どうやって自己分析して良いのか。」

「面接で何を聞かれるのか」

といったことが分からないですよね。

そこで利用できるのが、先ほどの転職エージェントです。

実は、上記のすべてのプロセスで、エージェントを利用する事ができます。

自己分析のやり方が分からなければ聞くことができますし、業界・企業分析は既に転職エージェントが実施してくれています。

もちろんESの書き方も、どう書けばこの企業が喜ぶか、といった情報を教えてくれます。

面接での質問内容まで教えてくれます。笑

 

転職サイトの活用法

cpa-career-change-website04

色々聞けば教えてくれるのは、実はどこも同じです。

ただ、実際に使ってみると分かると思うのですが、求職者につく担当エージェントとの相性問題があります。

上述の3社は僕が最も良いと感じた3社ですが、担当者との相性は少なからずありますね。

エージェントも人間ですから、コミュニケーションがスムーズに行く人やそうでない人がいます。

そのためオススメとしては、複数の転職サイトに登録すると良いですよ。

担当者ごとのリスクを分散させるためですね。
ただ、5社も6社も登録すると、訳が分からなくなると思います。

色々な転職エージェントから、数多くの求人を案内されますので、被ったところは除外…なんて作業も面倒です。

そのため、多くても3~4社がおすすめです。

ちなみに僕は10社以上登録して活用しましたが、結局ちゃんと最後まで使ったのは上記の3社だけでした。

 

転職を考えているなら、早く動くべき話。

cpa-career-change-website05

僕自身もそうでしたが、転職活動はズルズル行きがちです。

上記で少し触れましたが、転職活動はどんなに早くても最低3ヶ月かかります。

転職活動にかかる期間は、平均6ヶ月と言われています。

会計士の場合は、繁忙期がありますよね。

たとえば3月決算なら3月中旬~5月中旬まで(2ヶ月間)は、絶対に活動できないはずです。

転職活動のスタートが遅れると、繁忙期にズレこんでしまい、2ヶ月後に再スタートなんてこともあります。

また、基本的に期末の1~2ヶ月前に辞める、なんてことも難しいですから、実は転職可能な時期は限られています。

僕も12月頃に辞めたかったのですが、引き止められ結局辞められたのは翌年の6月。
転職活動終了までに9ヶ月かかりました。

なので、もし転職したいなと感じたのであれば、今登録してすぐに面談をすべきです。

人生は有限なので、今を無駄にするのは勿体ないですよ。

 

コメントを残す