公認会計士試験の合格発表後にやるべき事3選【先人のアドバイス】

こんにちは、公認会計士のロディです。

大手監査法人で4年間、リクルーターやってました。
『合格後、やるべき事は何かありますか?』という質問を、よく受けます。

そこで本記事では、『公認会計士試験の合格発表後にすべき事』をお話します。

 

 想定読者

  • 公認会計士試験の論文受験生の人

※ 本記事は『論文式試験の合格発表後にすべき事』の記事です。短答受験生の人は、将来の参考にしてもらえればと思います。

 

公認会計士試験の合格発表後にやるべき事

11月の論文式試験後、結果の合否によってやるべき事は異なります。
まずは結果が『合格』だった人がやるべき事を説明します。

 

公認会計士試験に合格していた人

合格していた人がやるべき事は、次の3つです。

1.監査法人の就職活動
2.遊ぶ
3.英語 or エクセルの勉強

 

① 監査法人の就職活動

まず何よりも優先すべき事が、『監査法人の就職活動』です。

また、公認会計士試験の合格発表は 毎年11月2週目~3週目 にありますが、そこからたったの3週間(つまり12月1週目まで)で監査法人の就職活動は終わります。

超短期決戦なので、すぐに始めるべきでしょう。

なお、厳密には『大手監査法人(BIG4)』の就職活動です。中小監査法人は、これよりも前に就活があり、合格発表前に内定を出す法人も多くあります。

大手監査法人では、大体毎年200~300人程度の採用枠を用意しています(内定枠ベースでは500~600人程度)。
公認会計士試験合格者の就職先は数多くありますが、合格者のほとんどがまず大手監査法人に入所します。

世界的に有名なファームに入るチャンスですし、何より『監査の実務経験』を積むことができますからね。

中小監査法人やコンサル、税理士法人に入所する人もいますが、『監査の精度』がやや甘めだったり、『補習所への理解』が浅かったりするのであまりオススメしません。

内定を承諾するか否かは置いておいても、大手監査法人の就活はマストです。
監査法人の就職活動の流れは、次の記事で詳細に解説しています。
>>関連記事:大手監査法人の就活大全 【公認会計士試験受験生向け】

今後の人生のすべてがココで決まると言っても過言ではないので、死ぬ気で就活しましょう。

 

② 遊ぶ

僕がリクルーターをしていた頃、一番多かった質問が『入社までにやるべき事はありますか?』という質問でした。

その時に僕が一貫してきた答えは、『とにかく遊びましょう』という答えです。
もっと言うと、男性なら合コン、女性なら女子会が一番良いです。

理由はシンプル。公認会計士にまず求められるスキルは『コミュニケーション能力』だからです。

受験生の人はあまり想像できないかもしれませんが、監査は人と話す仕事です。
たとえば、次の場面でクライアントとコミュニケーションします。

① 監査計画を説明する
② 監査資料を提供してもらう
③ 分からない部分を『質問』する
④ 要修正点を修正依頼する
⑤ クライアントからのクレーム対応
⑥ 監査の結果説明

何をするにしても、コミュニケーションが要求されますね。

ちなみに、クライアントは公認会計士ではないですが、その会社に関する知識は貴方よりも100倍上です。
年齢もほとんどが年上の人でしょう。

そんな人たちに対して、会社に対する知識がゼロの状態の新人会計士が、どうやって質問するのか?

知識を補えばいいじゃん、という意見もあるかもですが、わりと限界があります。監査調書から読み取れる部分はかなり限定的ですからね。

コミュ力があれば、知識不足のJ1でも(会社と仲良くなれるので)ある程度上手くやれます。
コミュ力が無いと、クライアントから叱られたりします。(余談ですが、繁忙期にJ1がクライアントに叱られる姿はわりと目にします。)

一度クライアントと険悪になると、そこから巻き返すのは結構キツいですよ。

そうならない為にも、入社前にコミュ力を高めるべく、たくさん遊びましょう。

この点、合コンは『初対面』の人に『自分を上手くアピール』する場であり、かつ『空気を読む』ことも必要とされます。
これって仕事で求められる能力ですよね。 ついでに彼氏彼女ができれば一石二鳥かと。

長期間勉強をしていると、自分が思っている以上にコミュ力が低下しているはずです。
きちんと社会人として喋れるようにしておきましょう。

 

③ 英語、またはエクセルの勉強

とはいえ、遊びだけでは飽きるし、モチベの高い今だからこそやるべき勉強もあります。

1つが英語。
理由は2つ。

  • 仕事力に直結する
  • 今しかできない

英語力の有無は、仕事のデキに直結するので、費用対効果はかなり高いです。
当たり前ですが、将来転職をする時にも、英語力があるとかなり年収アップします。

クライアントから提出された資料が『英文』だった時、対応できますか?
チームに『通訳』なんていないので、自分で解読しなきゃですよ。

また、仕事が本格スタートすると、まず英語の勉強なんてできません。

当たり前の話ですが、能力として重視されるのは『会計・監査のスキル』です。
時には平日の仕事終わりや、休日に勉強をしなければなりません。

そんな日の合間を縫って英語の勉強をするのは、相当ハードです。
『絶対に英語に関わらない』という意思のある人を除いて、英語を勉強するチャンスは今だけですね。

もう1つは、エクセルです。
エクセルは、就職したら最初にぶつかる壁です。

基本、監査調書は『エクセル』で作ります。
僕のいた大手監査法人でも、紙調書はすべて廃止し、エクセルだけで長所を作っています。

Sumif関数、vlook関数、ピボットテーブルは使えますか? かなり基本的なエクセルスキルです。
ちょっとググってみて『何これ、まったく意味が分からない…』と感じたら、黄色信号です。

勉強の仕方としては、マイクロソフトオフィス検定(MOS)を受けてみると良いですよ。
エクセルに関する資格試験なので、モチベの維持もできるはず。

監査法人によっては入社前に取得させる法人もあるので、これも一石二鳥ですね。

 

公認会計士試験の結果が残念だった人

結果が残念ながら不合格だった人は、『勉強再開』の1択です。

論文式試験って、ぶっちゃけ勉強テクニックはあまり必要なくて、ゴリ押し・パワープレーのようにとにかく勉強すれば合格するので。
短答式試験とは対照的ですね。

勉強を開始するタイミングとしては、12月からでも遅くないと思います。
ポイントは、モチベーションを上手く使えるタイミングでスタートする事です。

11月の合格発表直後、ややショックを受けた人は、少しくらい休んでも問題ないかと。
やる気が下がった状態で勉強しても、疲れが溜まる上に効率が悪いので、ほとんど頭に入らないんですよね。

だったら2週間くらい思いっきり遊んだほうがマシだし、短答に合格しているのですから8ヶ月間ガチで勉強すれば、十分間に合います。
>>関連記事:会計士試験に4000時間で受かるのは無理です。本当の勉強時間は?

 

勉強も仕事も、重要なのはコスパです。
無駄が生じるとモチベが下がり、悪影響。 効率的に合格しましょう。
>>関連記事:【公認会計士】受験勉強のモチベーションを上げる方法【ガチの人向け】

 

公認会計士試験の合格発表は、『行動』のタイミング。

合格発表は、人生を左右する大イベントです。
合格にしても不合格にしても、強い衝撃を受けるイベントになるでしょう。

また、どちらにも共通して言えるのは、『前を向いて走るべき』という事です。

合格発表という強い衝撃に対して『鈍感』な人は、何をしても中途半端になりますね。

合格したらそのままの勢いで思いっきり走るべきだし、不合格だったら今まで以上に本気で走るべき。
走るためのモチベーションUPのために、将来貰える『年収』を知る、という方法があります。
>>関連記事:公認会計士とは、どんな仕事?年収は?【会計士が解説】

僕の場合、転職を利用して5年で年収900万まで上げています。
今年あなたが合格したら、5年後に900万達成してます。

あとは動くだけですよね。

 

1 個のコメント

  • ロディさん

    突然すいません。
    私は今年から勉強を始めた社会人受験生です。
    勉強をしていく中で一つ不安があるのですが、それは社会人の方はどのようにして説明会などに赴き就活をしているのか。とう言うことです。

    面接のために数日間、仕事を休むことが難しい上、非東京圏に住んでるのでいろいろと難しいことがあります。
    また、内定時期と退職との関係も気になります。
    調べても出てこないので、ぜひ記事にしていただけると幸いです。

  • コメントを残す