公認会計士への最短ルートは?【現役会計士が近道を教えます】

公認会計士の年収とコスパ【詳細に検証してみた】こんにちは、公認会計士のロディです。

ムダが嫌いな性格が幸いして、3年で公認会計士になれました。

偏差値の低い僕ですが、最短ルートを歩いたら合格できました。

『最短どのくらいで合格できるのか知りたい』
『努力が苦手だから、どうせなら最短ルートで公認会計士になりたい』

こんなニーズにお応えします。

 

公認会計士への最短ルートは?【現役会計士が近道を教えます】

まず、公認会計士になるまでの道のりを確認しましょう。

  • 1.受験勉強スタート
  • 2.短答式試験に合格する
  • 3.論文式試験に合格する(第1のゴール)
  • 4.監査法人に就職する
  • 5.実務経験を積む
  • 6.修了考査に合格する(第2のゴール)

 

一般的に、3の論文式試験に合格すると、『公認会計士』と呼ばれます。(第1のゴール)

この時点では名刺に『公認会計士』と記載することができないのですが、1~6ステップの中で3の論文合格が最も難易度が高いため、この時点でほぼ『公認会計士』とみなされています。

そのため、短答&論文式試験への合格が最大の目標となります。

以下、ここに向けて最短ルートを走る方法を解説します。

 

なお1~6まで最短ルートを取ることで、5年間でゴールできます。

 

公認会計士への最短ルート Step1 受験勉強スタート

短答・論文式試験に向けて、受験生活をスタートします。

勉強期間は、早くて2~3年と言われています。

 最短ルートで合格するためのポイント

  • 思い立ったらすぐに勉強をスタートすべき!!
  • モチベーションの維持に力を入れるべき
  • 常に順位を意識する
  • 効率的な勉強法

一つ一つ解説します。

 

思い立ったらすぐに勉強をスタートすべき!!

とっっっても重要です。

たまに

「いつから勉強すれば良いですか?」
「今からやって、間に合いますか?」

という質問を受けます。

断言しますが、今から勉強をスタートすべきです。

なぜなら、長い受験生活の中で今が最もモチベーションが高く、最も吸収力の高い時期だからです。

僕は3年間ほぼ毎日勉強をしていましたが、「よし、今日から公認会計士を目指して勉強を始めるぞ!」と思った日が最もモチベーションが高かったです。断言できます。

モチベーションの高い時期に沢山勉強すると、大量の知識がスラスラに頭に入ってきます。

勉強効率が非常に高いので、この時期に沢山勉強を進めておくことで、大きなアドバンテージになります。

良いスタートダッシュを切ることが、最短合格の始まりです。
>>クレアールなら、無料で資料請求が可能です。

 

ちなみに、最初の段階では「効率的に勉強しよう」とかあまり考えない方が良いですよ。

効率的な勉強法は、自分の試行錯誤した経験から生まれるものです。

その経験値を上げるためにも、考えるより行動した方が絶対に良いです。

ある程度時間が経ったら、一度落ち着いて勉強法を見直す時間を確保すると良いです。

当ブログでは、万人向けの勉強法をご紹介しているので、その時に参考にしてもらえれば嬉しいです。
>>関連記事:公認会計士試験の勉強法まとめ

 

モチベーションの維持に力を入れよう

難関試験の最大の敵は、「モチベーション」です。

良いスタートダッシュが切れても、いずれモチベーションは低下します。

このモチベーションの低下を、できるだけ抑えながら受験生活を送りましょう。

ちなみに裏を返せば、モチベーションさえ維持して集中して2~3年勉強すれば、誰でも受かると思います。

 

僕は偏差値40程度の大学を出ており、自慢じゃないですが頭は良くないです。

でも、3年で公認会計士試験に合格しました。

 

合格できた理由は2つありまして、そのうち1つがモチベーションの維持に全力投球したからです。

モチベーションの維持方法については、次の記事でご紹介しています。
>>関連記事:【公認会計士】受験勉強のモチベーションを上げる方法【ガチの人向け】

日々のモチベーションコントロールが、最短合格をサポートしてくれます。

 

常に順位を意識しよう

勉強を進めていると、ゴールを見失いがちです。

受験生活は、とても長いですからね。

ゴールは「公認会計士試験に合格すること」なのですが、これってよく考えると曖昧ですよね。ふわっとしてます。

ふわっとした目標は、見失いやすいです。

そこで、この目標を明確化します。

 

公認会計士試験に合格する = 受験生のうち上位1,300番以内に入ること

これが、明確化した目標です。

まだ分かりづらいので、もっと明確化します。

全国模試・答練で常に上位10%の成績を取り続けること

これが明確な目標です。

なお、上位10%という数字の根拠は、公認会計士試験の合格率です。
>>関連記事:公認会計士試験の「本当の」合格率、ご存知ですか?【詳細分析】

合格率が10%なので、上位10%に入れば合格です。

これを日々の目標として、勉強を進めましょう。

 

逆にダメな例は、何も考えずにテキストを読んだり問題を解いたりする事。

独りよがりな勉強は、最短ルートから外れます。

「合格するためには何が必要なのか」 しっかりと考えましょう。

成績上位10%から外れてしまった時は、深く反省し、「次は必ず10%以内に入る!」という強い意志を持つことが結構重要です。

僕はわりと冷静な性格なのですが、順位だけは強く意識しており、常にテストでは周りの受験生に対抗心を燃やしていました。

繰り返しですが、上位10%に入ると合格します。

逆に言えば、テストで上位10%以下を取り続けると、きっと本番も10%から外れますよ。

 

効率的な勉強法を心がける

効率的な勉強法って何?

答えを一言でいえば、「点数に繫がる勉強法」です。

点数に結び付かない勉強は、最短ルートから外れます。

最短ルートを取る勉強法は、例えば次のとおりです。

  • 出題形式を意識した学習
  • 出題可能性を意識した学習
  • 忘却曲線を意識した復習

 

シンプルに見えますが、かなり奥が深いですよ。

ここで全てを書き出すと、とんでもない文章量になるので、次のページを参照してください。
>>関連記事:公認会計士試験の勉強法まとめ

科目ごとに、超詳細な勉強法を紹介しています。特に『管理会計論』『企業法』辺りはよく読まれていますね。

 

公認会計士への最短ルート Step2 短答式試験に合格する

短答式試験は、一番の難関ポイントです。

ここで挫折する人が大量にいます。

僕が短答式試験に合格した年は、合格率が3%でした。(当時周りの受験生の雰囲気は、「無理ゲーじゃん…」という空気だった。)

 

これだけの難関なので、短答式試験に向けた「対策」が必要です。

短答式試験を最短で突破するためには、特化した学習期間が必要です。

具体的には、短答形式の問題を解きまくる期間です。

単純に解くだけではダメでして、どうすれば短時間で解を導けるのか、考えながら解く必要があります。

 

これも先述の勉強法の記事で紹介済みなので、詳しくはそちらをどうぞ。

なお、短答特化の教材はマストだと思ってます。
>>関連記事:【公認会計士】市販教材はこれだけで十分です【厳選6選】2019年

これ無しに合格できる人は、相当頭が良いと思います。

ちなみに僕は、短答式試験に特化して勉強した半年間が、受験生活で一番辛かった期間です。

脅すわけではないです。
事前に大変さを知っておくことで、万事に対処できますから。

 

公認会計士への最短ルート Step3 論文式試験に合格する

短答式試験をクリアすると、最終障壁となる論文式試験があります。

短答式試験は1回目が12月、2回目が5月にあります。
また、論文式試験は8月のみです。

 

12月に合格しておくと、8月の論文式試験まで時間があるので、ストレートで合格しやすいですね。

僕の場合は5月に(なんとか)合格したのですが、その直後の8月は圧倒的な勉強不足により、不合格となりました。

論文式試験における最短ルートは、「継続すること」です。

それだけ?と思われるかもしれませんが、事実それだけで受かりました。

 

というのも、論文式試験の合格率は35%と高いです。(欠席者を考慮すると、実質的には40%の合格率です。)

3人に1人は受かるのですが、落ちる2人のうち1人は、かつての僕のような圧倒的な勉強不足の人です。

落ちるもう1人は、「継続」ができなかった人です。

 

短答式試験に合格すると、2年間は合格が持ち越され、短答を受けずに論文を受けることが(計3回)できます。

ここに甘んじて、つい手抜きで勉強する人がいるのです。

先述したとおり、受験勉強の最大の敵はモチベーションです。

短答式試験に受かって気を抜くと、負のスパイラルに突入します。

逆に言えば、継続さえすればスムーズに合格できます。

特別な勉強法は、特にないですよ。

 

公認会計士への最短ルート Step4 論文後をさらっとご紹介

論文式試験に合格すると、監査法人に就職することになります。

僕はBIG4でリクルーターをしており、公認会計士の就職市場を知っています。

就活対策は次の記事で詳細解説しています。
>>関連記事:大手監査法人の就活大全 【公認会計士試験受験生向け】

公認会計士の就職市場は、売り手市場です。きちんと就活対策すれば、誰でも内定貰えるのでご安心を。

 

就職すると、最終的に「修了考査」というものを受験します。

通常は実務経験を3年積んでから受験しますが、2年に短縮することも可能です。

なお、修了考査の合格率は70%程度です。

普通に勉強すれば誰でも受かります。ボーナスステージですね。

 

最短で公認会計士になり、効率的な人生を。

以上、最短ルートで公認会計士になる方法でした。

一応、最後にみなさんのやる気を上げるための記事をご紹介します。

 

もっと具体的なスケジュール感を知りたい人は、予備校のパンフレットを見てみると良いですよ。

合格体験記や授業日程が分かるので、リアルな受験生活がイメージできて、非常にオススメです。
>>クレアールなら、無料で資料請求が可能です。

 

コメントを残す