こんにちは、公認会計士のロディです。

公認会計士を志した当初、色んな人から『公認会計士なんてやめとけ』と言われました。

多くの人は、

  • どうせお前には無理だよ、受からない。
  • 一発逆転とかないから、普通に就職しろ。

というような感じで、結構キツい意見が多かったです。

正直、とっっっても悔しい思いを(当時は)したのですが、その3年後、本当に合格して見返してやりました。

 

今では、当時「やめとけ」と言っていたどんな人よりも年収は高いですし、地位・名誉も手に入りました。
>>関連記事:公認会計士の年収とコスパ【詳細に検証してみた】

諦めず、自分の意思を貫いて正解でした。

 

そこで本記事では、「公認会計士を諦めそうになっている方」や「僕と同じように、やめとけと言われた方」向けにお話します。

 本記事の内容

  • なぜ僕が、公認会計士になったのか
  • 公認会計士として働き、後悔はあるか

 

 

スポンサーリンク

『公認会計士なんてやめとけ』と言われた僕が、公認会計士になった理由

僕は当時(大学生の頃)あまり学力が高くなく、偏差値は40ほどでした。

毎日ゲームばかりしていたので、友人や身内からも、「こいつは勉強できない奴」と思われていました。

(そんな奴だったので、、、ある意味、やめとけと言われても仕方がなかったのかもしれません。)

 

しかし、そんな僕が公認会計士を目指した理由は、3つありました。

 公認会計士を目指した理由

  • 地位・名誉を手に入れたい
  • 高い年収を手に入れたい
  • 経営に近い仕事がしたい

 

僕は「人生を逆転させたい」という気持ちが強かったため、「地位・名誉」と「高収入」を手に入れたいと強く思いました。

しかし、ふつうに新卒で就職活動をしたのでは、(少なくとも自分には)大企業に入るのは難しい…と感じました。

そこで、資格取得=即高収入につながり、かつ地位・名誉の高い「公認会計士」を目指しました。

馬鹿にされても、1度きりの人生だし、、、「自分のやりたい事をやる!」と決めました。(今思えば、本当にやめないで良かった)

実際のところ、公認会計士試験は僕のような人でも合格できる試験で、努力すれば誰でもなれるのが「公認会計士」の良いところです。

 

『公認会計士なんてやめとけ』 そう言われる理由とは。

『公認会計士なんてやめとけ』と言われる理由は、わりと分かります。

  • 超難関資格なので、『お前にはムリだろ』と思われる

この理由が一番多いです。

僕は大学時代に遊んでばっかりだったので、周囲の友人にも『絶対無理だろう』と思われていました。

公認会計士は三大国家資格の1つでして、『難易度が非常に高い』というのが一般認識ですからね。
>>関連記事:公認会計士試験の難易度を、分かりやすく解説するよ【実体験です】

 

でも、、、これを言う人は全員、公認会計士はない人なのです。

目指したこともない人に、なんで無理だと分かるの?と聞きたくなりました。

結果として、周囲に反対された僕でも3年で合格できたので、「無理かどうかなんて、周りの人には分からないよ」というのが僕の結論です。

言い換えれば、「自分次第」とも言えますね。

 

また、『嫉妬』して否定する人も結構いました。自分が実現できなさそうな事に対して、反射的に否定する人っていますよね。

やる気さえあれば、公認会計士なんて誰でもなれます。
頭の悪い僕がなれたので、絶対間違いないです。

 

次に多い理由が、「試験に合格しても、就職できないよ」というものでした。

しかし、これは間違っています。

 

確かに、僕が勉強を始めた2010年頃は就職難で、試験に合格しても監査法人に入れない人がたくさんいました。

しかしその状況は2013年から好転し、以後2020年現在に至るまで、売り手市場がつづいています。

たとえば、職歴なしの30代の方でも大手監査法人(BIG4)から内定を貰えるほどに、売り手市場です。
>>関連記事:公認会計士の就職事情|受かっても無職? 監査法人リクルーターが解説。

 

 

個人的な感想ですが、もし本気で公認会計士を志す場合、否定をする人とは距離を置いた方が良いと思います。

否定ばかりする人と一緒にいると、自分のモチベーションがどんどん下がり、本当に受からなくなってしまいます。

もちろん、客観的なリスク・デメリットはきちんと知るべきですが、否定されるより、応援される環境の方がやる気は出ますよね。

 

 

『公認会計士なんてやめとけ』と言われた僕が、公認会計士になって思う事

公認会計士を目指したころは、「地位・名誉」「高収入」「経営に関するスキル」が欲しくて、勉強をスタートしました。

その後、実際に公認会計士になってみて、どうなのか?というと、、、

 

 地位・名誉

感覚的なものですが、職業を話すと「凄いね」と言われることは多いです。
また、なんとなくモテるようになった気もします。(勘違いかも、、)

 年収

年収は、(同世代と比較すると)かなり高い方だと思います。
公認会計士歴5年で年収900万円ほど貰っており、全サラリーマン人口の1%だそうです。

 経営

公認会計士は、『組織のビジネスを理解し、数値として表現する仕事』なので、経営にかなり近い仕事です。
ちなみに会計士6年目(2019年)で会計事務所を開業しているので、今は自分が経営者です。

 

という感じで、当初目指していた夢は、ほぼ実現できました。

その他にも、開業したことで『自由』が手に入りましたし、自由があるからこそ、新たな事業を始めることも出来ました。

普通に一般企業の就職活動をしていたら、、、難しいのでは、と思います。

 

公認会計士になって、後悔したことはある?

逆に、後悔したことはあるかな?と、考えてみました。

『後悔』はないけど、『辛かった事』ならありました。

 公認会計士になって辛かったこと

  • 『監査業務』は激務なので体力的にキツい
  • 繁忙期は自分の時間がなく、精神的にキツい

 

『監査』というのは、クライアントからお金を貰って、クライアントに厳しくする仕事です。
なので、クライアントからは当然嫌な顔をされます。

また近年では、オリンパス・東芝・日産などの不正会計が社会問題になっており、監査人への社会的要請も厳しくなっています。

だから僕自身も、キツいな…と感じる時はあります。

でも、それは公認会計士に限った話ではなく、たぶんどんな仕事にもある話だと思います。

また、「プロ」として品質を求められるからこそ、「プロ」としての実力が上がるので、数年でとても成長できると業界です。

 

ちなみに、どうしても「監査」が嫌だった場合、転職すれば解放されます。

監査だけが会計士の仕事ではないので、楽な仕事なんてたくさんあります。(そっちの方が年収が良かったりします。)

監査が嫌ならコンサルや経理にも転職できるし、会社員自体が嫌なら起業する、という選択があります。

一般企業に勤めるよりも、よっぽど選択肢が広いですよね。

 

まとめ:公認会計士になることで得られるリターンは大きい

以上です。

 まとめ

  • 公認会計士が「難しい」というイメージばかりが先行している
  • 「やめとけ」という人に限って、挑戦した経験が少ない
  • 公認会計士になると、メリットはかなり大きい

 

公認会計士には受験資格がなく、誰でも挑戦することのできる国家資格です。

ほかの士業資格とは違い、合格すれば「成功」が約束されている点も、大きなメリットですね。(弁護士や医師になると、お金が必要だったり、就職できなかったりと、、、大変のようです。)

 

公認会計士の制度について、詳しく知りたい方は、予備校のパンフレットを無料で手に入れると良いですよ。

実際のリアルな仕事内容や、合格体験記を知ることができ、ゴールまでの道のりをイメージ化することができます。
>>クレアールなら、無料で資料請求が可能です。

今なら、講義の一部を無料で見れるようです。