会計士のバイト探しに最適なエージェント

 

こんにちは、公認会計士のロディです。

2019年に独立開業し、業務の傍らで「アルバイト」をしています。

「開業してアルバイトって…生活不安定なの?」
と、疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、むしろその反対で、公認会計士のアルバイトは非常に儲かるのです。

そこで今回は、『公認会計士のアルバイト事情』についてリサーチ結果を掲載します。

後半では『おすすめの探し方』もご紹介しているので、今からバイトを考えている方にも参考になりますよ。

 想定読者

  • 公認会計士(または合格者)の方で、アルバイト(非常勤)先を探している方
  • 公認会計士のバイトの時給が知りたい方

なお「情報の信頼性」を担保するために、私が実際にバイトした際の『給与明細』も公開しています。
>>給与明細の項目にジャンプ

 

 

スポンサーリンク

公認会計士のバイトの時給はいくら?

先に結論ですが、

公認会計士のアルバイトの時給は、平均時給 6,500円 です。

東京都のアルバイト・パートの時給平均が1,130円ですので、一般的なアルバイトの約6倍の時給ですね。(参照:タウンワーク

1日あたりの就労時間は7~8時間ですので、1日で5万円ほど稼げます。

(これはあくまで平均ですので、上振れ・下振れはあります。)

次に「時給6,500円」の元データを、サクッと紹介します。

 

情報元とデータ

公認会計士試験に合格すると、公認会計士協会の運営する求人サイト(JICPAキャリアナビ)に登録することができます。

こちらは無償サービスのため掲載数が少ないのですが、バイトの求人は20~30件ヒットしましたので、情報量としては問題ないでしょう。

なお「地域の差」を除外するため、集計では「東京都内でのバイト」に絞りました。↓

 都内法人での公認会計士のバイト時給(昇順)

  • A法人 時給 8,571円
  • B法人 時給 8,214円
  • C法人 時給 7,143円
  • D法人 時給 7,143円
  • E法人 時給 7,000円
  • F法人 時給 6,667円
  • G法人 時給 6,250円
  • H法人 時給 6,143円
  • I法人 時給 6,000円
  • J法人 時給 5,833円
  • K法人 時給 5,714円
  • L法人 時給 5,714円
  • M法人 時給 5,500円
  • N法人 時給 4,667円

都内での求人は、上記の14法人がヒットしました。(抽出日現在)

時給4,667円~8,571円までバラつきがあり、平均すると6,500円/時という結果でした。

ちなみに、私が契約している監査法人は、時給7,200円で契約させてもらってます。(公認会計士歴は6年目です。)

なお、公認会計士のバイト先は「監査法人」がほとんどです。一般企業やコンサルでは、あまりバイトを募集していませんでした。

 

バイトをした方が、「年収」は高いという現実

既にご存じの方もいるかもしれませんが、公認会計士の場合、「正社員」よりも「バイト」の方が年収は高くなります。

たとえば、私が監査法人を辞めた時(会計士歴4年半)の年収は、720万円でした。(ボーナス込み)
>>関連記事:公認会計士の年収はどのくらい?

年間で大体2,000時間ほど働いていたので、逆算すると、監査法人(正社員)時代の時給は「3,600円」になりますね。

一方で、その2年後(今現在)に監査法人でアルバイトを始め、現在の時給は7,200円です。つまり、約2倍です。

仮に同じ時間アルバイトをしていたら、(単純計算で)年収1,400万円ほどになりますね。

社会人歴5~6年の若手が「年収1,400万」って、一般企業ではほぼ実現不可能だと思います。

 

【深掘り】年収1,000万を稼ぐには、どのくらい働けば良い?

バイトだけで年収1,000万を稼ぐには、どのくらい働けば良いのか?

気になる方もおられると思うので、サクッと計算しました。

 

✔ かんたんな計算

10,000,000円 ÷ 6,500円/時 = 1,538時間

1,538時間 ÷ 8時間(定時) = 192日

ということで残業なし192日間働けば、年収1,000万円を達成します。

 

また、サラリーマンの平均稼働日数は245日です。(参照:マイナビ

つまり、一般サラリーマンの方よりも53日多く休日が貰えて、かつ残業なしで働いて年収1,000万です。

かなり余裕をもって、年収1,000万を達成できることが分かりますね。

 

公認会計士のバイトは、いつからできる?

公認会計士のバイトは、試験に合格さえすればいつでもスタートできます。

一般的には、次のような時期にバイトをします。

 公認会計士の(一般的な)バイト時期

  • 論文式試験合格後 ~ 大学卒業までの間
  • 独立直後 ~ 収入が安定するまで
  • (女性の場合)結婚後

大学卒業までの間は、通常は内定した監査法人でアルバイトとして働きます。

※ ただし、この時点での時給は大体2,000円~3,000円が相場になります。(あくまで試験合格者ですからね。)

 

一般的に、公認会計士(有資格者)としてバイトをするのは、独立時です。(特に決まりはありませんが。)

私もそうですが、独立開業した直後は、なかなか収益が安定しません。

そのため、短期間で稼げるバイトをすることで収入の穴埋めをします。

たとえば私は2019年に独立開業しており、その後監査法人と非常勤契約を締結、現在もバイトを継続しています。事業の収益は安定したので、2020年でバイトをやめる予定です。

 

また、女性の公認会計士の場合は、結婚後にアルバイトに切り替える方がとても多いです。

アルバイトなら責任も軽いですし、家事を優先しスキマ時間で仕事ができるからです。

 

公認会計士のアルバイトは、こんな人にオススメ

バイトがおすすめなのは、次のような方です。

 バイトがおすすめの人

  • 独立して間もない(または独立を考えている)公認会計士
  • お子さんのいる、ママさん会計士

 

独立直後の会計士は、ほとんどの方がバイトをします。

独立すると「未来の収入」が不安定になりますから、「今すぐ得られる安定収入」は大きな支えになります。(死活問題)

また、独立後は「社外での人脈」が貴重です。
バイト先の監査法人つながりで、思わぬ仕事をもらえたりしますからね。(筆者の体験談)

そのため、バイトは独立を考えている会計士の方や、独立後の会計士の方にオススメです。

 

また、「ママさん会計士」の方にもアルバイトはオススメです。

私の契約している監査法人もそうですが、バイトをされる公認会計士には、ママさん会計士の方がとても多いです。

バイトの場合、契約によっては時短勤務が可能ですから、保育園にお子さんを迎えに行くまでの『スキマ時間』でバイトをすることも可能です。

スキマ時間でも十分な給料がもらえるため、かなりお得だと思います。(ただし、監査法人によっては残業をさせる法人もありますので、監査法人選びは慎重に行いましょう。)

 

 会計士のバイト探しに最適なエージェント

 

公認会計士がバイトをする際の「リスク」のお話

公認会計士がバイトをする場合、次のようなリスクがあります。

 リスク

  • 国内の景気が悪化した場合、真っ先に契約を切られやすい
  • 契約を切られても、文句は言えない

基本的に、アルバイトをすることのデメリットはさほどありません。

ただし、あくまでアルバイトは「非正規」ですので、正社員よりも契約が切られるリスクはあります。

 

とはいえ 公認会計士へのニーズはとても多いので、いくらでも転職先はありますけどね。

どんなバイト先があるのか? 興味のある方は、一度エージェントに登録してみると良いですよ。

時期によっては、超高単価なバイト求人も出てきますからね。

 

【公開】私のバイトの給与明細【高時給】

私の給与明細

こちらが、私(公認会計士)がバイトした際の給与明細です。
(小さくてごめんなさい。拡大すると見やすいです。)

非常勤のため「出勤日数」は表示されませんが、これは実際に5日間働いた時の給与明細です。
(時給@7,200円 × 7時間 × 5日=252,000円)

※ 私の契約している会社は、法人の意向で「雇用契約」になっており、所得税も引かれています。(通常は「業務委託契約」になります。)

 

また、私の契約している会社では「お昼代」として、1日あたり1,200円が追加支給されます。

その他交通費などの経費が加減され、5日間働いた時の手取り222,716円でした。

税引後でも、1日で45,000円稼げていますね。

 

なお、仮に残業なしで20日間働いた場合、1ヶ月の手取りは900,000円です。

手取りでこれは凄いですよね。
BIG4のシニアマネージャー ~ 若手パートナークラスの給料ですから。(しかも残業なし)

すでに結論は出ていますが、正社員を辞めた方が年収は上がります。

 

では最後に、『公認会計士のバイトの探し方』をご紹介します。

私が高単価の求人を探した手法もお話しますね。

 

公認会計士のバイトの探し方【3パターン】

ここからは、現公認会計士(または合格者)の方向けの内容です。

バイトの探し方としては、次の3パターンです。

 バイトの探し方

  • JICPAキャリアナビで探す
  • 周りの会計士に紹介してもらう
  • エージェントで探す(オススメ)

 

先述した「JICPAキャリアナビ」は、公認会計士試験合格者であれば、誰でも使うことができます。

しかし、掲載数が少ないというデメリットがあります。

そのため、良い求人も少ないです。(CPA協会が非営利目的で掲載しているので、仕方ありません。)

 

周りにバイトをしている公認会計士の知り合いがいる方は、紹介してもらうのも良いでしょう。

内情を事前に聞けますから、契約後に「なんか会社の雰囲気が悪いな…」なんてこともなくなります。

ただし、アルバイトをしている会計士の知人がいない方には、実践できない方法です。

ちなみに、今私が契約している監査法人はホワイトです。
定時は6時間勤務で、時給は7,000円~。ご興味のある方は、問い合わせていただければご紹介できるかもです。(人手不足中)

 

一番オススメなのは、『エージェントを使うこと』です。

私もバイト先を探す際に利用しましたが、この方法が最も効率的でした。

掲載数が非常に多いため、選びたい放題です。(もちろん無料)

特に『良い求人』はすぐに満員になりますので、今すぐ契約したい訳ではない方も、先に登録しておくことをオススメします。

 

まとめ:公認会計士の職業選択はかなり自由

まとめです。

 公認会計士のアルバイトまとめ

  • 公認会計士のバイト時給は、平均6,500円
  • 探し方は、エージェントを利用するのがオススメ

エージェントを使うと、時給8,000円、9,000円という求人もわりと見つかります。

時給が1,000円も違うと、日当換算で8,000円も違います。けっこう大きいですね。
>>マイナビ会計士なら、無料で利用できます。

 

特に『時給の高い求人』は、すぐ満員になってしまいます。

そのため「今バイトをしたい訳ではない」という方も、これを機に先に登録しておくのがオススメです。

利用しない事による機会損失は大きいですからね。