公認会計士試験の勉強法まとめ

こんにちは、公認会計士のロディです。

公認会計士試験の勉強法の記事が増えてきたので、こちらにまとめました。

重要な記事をピックアップしているので、全部見たい方は過去記事もご参照くださいね。

 

 

短答式試験の勉強法(科目別)

早速ですが、この記事のメインテーマです。

公認会計士短答式試験の合格率は約5~10%なので、まずここで挫折する人が多いです。

合格率が低いのは、勉強法を少しでも間違えると不合格になるためです。

逆に 正しい勉強法で継続して勉強すれば、高得点で合格します。

とはいえ言葉だけでは信用力がないので、僕の成績を公開しました。

公認会計士試験 短答式試験の成績と推移を公開します。【合格実績】

2019/03/30

統計データで推計したところ、受験者の上位0.3%に入ってました。
ちなみに、僕の大学時代の偏差値は40代前半でしたので、特別僕の頭が良いわけではありません。

勉強法を切り替えた事による「伸び率」も非常に高いので、わりと信ぴょう性は高いですよ。

勉強法は科目ごとに異なりますので、科目ごとに勉強法の記事をご紹介します。

 

 財務会計論(計算)

たまに「財務が苦手だから他の科目で稼ぐ」と言う人がいますが、正攻法から外れているので絶対に真似しない方が良いです。

配点は120点分ありますし、財務会計論は努力の報われやすい科目なので、努力をして得意科目にすべきです。

勉強法はこちらです。

【公認会計士試験】財務会計論(計算)の勉強法【短答式】

2019/03/10

 

 財務会計論(理論)

財務会計論(理論)は、配点が80点と少ないですが、短答式試験の科目の中では1番コスパの高い科目です。

理由は、難易度が低く勉強法がシンプルだからです。

短答式科目の中でも、最も少ない勉強時間で完成する科目です。

また、財務会計論は「計算」と「理論」を2時間の中で同時に受験する事になりますので、理論を完璧にしておけばそれだけ計算に充てる時間が増え、アドバンテージが取れます。

論文式試験においては超重要科目となりますので、勉強法をマスターすべきです。

【会計士】短答式試験で失敗しないための3つの勉強法【財務理論編】

2019/03/02

 

 管理会計論

わりと苦手とする方が多いのが、管理会計論です。

逆に 僕は管理会計論が得意でして、予備校での答練や本番においても、安定して7割を取り続けていました。

本記事で紹介する管理会計論の勉強法は、たぶん僕しか実践していない勉強法です。(どのサイトでも見た事がないので。)
安定して得点するための勉強法を分析した結果、この勉強法を導き出しました。

余談ですが、僕のブログの中でも閲覧数の多い記事の1つです。

【2019年度】公認会計士試験 管理会計論の勉強法【短答式編】

2019/03/23

 

 監査論

短答式試験の監査論は、勉強する範囲が狭いものの、やや勉強法の見えづらい科目です。

実は監査論だけは、コレという勉強法がなく、会計士試験の合格者たちも「絶対的な勉強法」が確立できずに合格しています。
僕も同じです。

一方で、監査論は「守りの科目」と言われています。
つまり完璧な勉強法を貫くのではなく、母集団の合格点から漏れないような勉強をすべき科目です。

監査論は管理会計論とまとめて受験する事になりますので、その特性もやや影響します。

公認会計士試験の科目の中では、唯一リスクの高い科目ですので、次の点を意識する必要があります。

  • 6割~7割とれれば合格点であると考える。
    ⇒監査論の勉強に時間をかけすぎない事。

  • 本番は管理会計論の回答時間を減らさないように、できる限りスピーディに回答する。

なお、記事は現在更新中です。
更新次第、こちらも更新いたします。

 

 企業法

公認会計士試験の勉強を始めて間もない方は、企業法を苦手とする方が多いようですね。

僕もその1人でして、第1回(12月)短答式試験が終わるまで、勉強法が分からずにいました。

しかし試験後すぐに勉強法を変えたことで、55点から85点に上がりました。
苦手意識はゼロです。

勉強法は非常にシンプルでして、次の記事内でご紹介しています。

【会計士】短答式試験 こんな勉強法は失敗します【企業法編】

2019/02/28

 

 その他

短答科目の勉強法ではありませんが、そもそもこの科目を勉強すべきなのか?という観点から、短答科目免除の可否について記事にしています。

「免除できるなら、免除した方が良いに決まってるじゃん!」と言う方には、読んでほしい内容です。例外があります。

【公認会計士試験】短答科目の免除をすべきか? 結論…

2019/04/27

 

論文式試験の勉強法(科目別)

論文式試験は、短答式試験よりも難易度がグッと落ちます。

正直な感想ですが、論文式試験では特殊な勉強法を用いることはなく(財務・管理は例外)、真面目に1日8時間やっていれば誰でも合格します。

 財務会計論(計算)

短答式試験で7割以上取れた方は、論文式試験において大きく勉強方針を変える必要はないでしょう。

その理由は、試験問題の解法が似ているためです。

とはいえやや異なる部分もありまして、その点を中心に解説いたします。

また、財務会計論(計算)は論文では軽視する方も多いですが、軽視しすぎると大失敗しますので(仮にも200点分の科目ですので)その点も注意喚起しています。

論文式試験における財務会計論(計算)の勉強法【毎日コツコツ】

2019/06/06

 

 その他の科目

ただいま更新中です。
少々お待ちください。

 

全般的な勉強法

次に、全般的な勉強法のご紹介です。

 短答直前期の勉強法

短答の直前期は、やや勉強法が変わります。

試験の直前期はとっっても重要です。

時期を意識せずに、ただなんとなく本試験日を目指して勉強するのでは、非効率です。
得点を最大化するために、やれることがあります。

短答直前期の勉強法は、次の記事でご紹介しています。

できれば、直前期になる前に(事前に)読んでもらえると良いです。
一部、事前に準備をしておかないと実践できない勉強法がありますので。

公認会計士試験 短答式試験 直前期の勉強法5選【超詳細に解説】

2019/04/06

なお、論文verは更新中ですので、少々お待ちください。

 

 全科目共通の勉強法

以前アップしていた記事ですが、内容を改めて見直したところ、表現の分かりづらい箇所があったため、アップデート中です。

 

試験勉強に必要な教材

よく色々な予備校の教材に手を出したり、市販教材を買い漁ったりする方がいますが、これも正攻法から外れるのであまりオススメできません。
教材によって表現が異なったりするので、逆に勉強が非効率となる可能性があります。

一方で、僕はある程度市販教材を使っていました。

「話が違うじゃないか」と言われそうですが、手を出しすぎるのはNGという話です。

特に短答式試験は、短答式試験用の回答テクニックが重要となりますので、短答用の問題集は必要だと考えています。

僕が受験生時代に使用していた最低限の教材は、次の記事でご紹介しています。

【公認会計士】市販教材はこれだけで十分です【厳選6選】2019年

2019/04/08

あくまでも優先順位は、予備校の教材 > 市販の教材 ですので、プラスアルファという位置づけで勉強に取り入れましょう。(短答対策としての重要度は、予備校の教材=市販の教材 というイメージですが。)

ちなみに、論文用の市販教材は(財務会計論の計算を除いて)使用していません。

 

勉強マインド

ここまでで、公認会計士試験の具体的な勉強法をご紹介しました。

本項では、もう少し全般的な「勉強マインド」をご紹介します。

 モチベーションの維持方法

たぶん多くの会計士受験生が悩むのが、モチベーションの維持です。

勉強を始めたばかりの頃は、「よし!公認会計士になるぞ!」という意気込みから、非常に高いやる気を発揮されたと思います。

しかし、勉強を進めていくとなぜかやる気が低下し始め、それが勉強効率にも影響し始めますよね。

このモチベーション低下のプロセスを分析し、実際に僕がモチベーションを維持した方法をご紹介しています。

【公認会計士】受験勉強のモチベーションを上げる方法【ガチの人向け】

2019/05/06

上手く伝えられているか心配なので、内容がやや抽象的に感じるかもしれません。すみません。

 

 追記

試験的に、モチベーションUP法をNoteで公開いたしました。
上記記事よりもかなり詳細に記載していますので、ご参考までにどうぞ。
>>資格試験勉強のモチベーションを維持する方法

 

 

 勉強時間

1日にどのくらい勉強すれば合格できるのか、記事にしております。

僕はかなり細かい性格でして、受験生時代に毎日1日の勉強時間をストップウォッチで計測し、記録していました。

この勉強時間には「席を立っている時間」や「ご飯休憩」「トイレ休憩」は含めていないので、相当厳密な集計ができていると思います。

よく会計士試験の勉強は4,000時間かかるとか言われていますが、僕の実体験では到底4,000時間ではムリという結論です。(あくまで僕の頭では、ですが…。)

勉強生活のご参考に、どうぞです。

会計士試験に4000時間で受かるのは無理です。本当の勉強時間は?

2019/02/27

 

 会計士試験の勉強をスタートして間もない方

すでに勉強を始めて半年以上経っている方には、あまり参考にならないと思いますが、

最近勉強を始めたよ、という方には読んでほしい内容です。

やや耳の痛い内容になっておりますが、これからの受験生活は大変なので、先に読んでおくと後々辛さを軽減できるかもです。

初めて会計士を目指す人が心得るべき4つのマインド【失敗談あり】

2019/02/23

 

公認会計士試験の勉強法まとめ

以上、公認会計士試験の勉強法のまとめ記事でした。

これからも会計士試験の勉強法の記事をアップしていきますので、随時こちらの記事も更新します。

 

コメントを残す