公認会計士の就職事情|受かっても無職?リクルーターが解説。

 おすすめ記事

監査法人の定期採用の流れについては、次の記事で詳細解説しています。
>>関連記事:大手監査法人の就活大全 【公認会計士試験受験生向け】

こんにちは、公認会計士のロディです。

以前Twitterで、次のようなアンケートを取らせていただきました。

(ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。)

会計士の勉強をしながら、「就職できるかどうか不安」を感じている方が、なんと7割以上もおられる結果になりました。

そこで今回は、会計士の就職事情についてお話したいと思います。

 想定読者

  • これから会計士試験の勉強を始める方
  • 現在受験勉強中の方

 

公認会計士の就職事情|受かっても無職?心配は要りません。

本題の前に、軽く自己紹介させてください。(お前誰だよ、と言われそうなので。)

僕は大手監査法人で5年間リクルーターをしていた、現役の会計士です。
面接官も担当していました。

500人以上の就活生(会計士受験生)にアドバイスしてきたので、就職事情にはわりと詳しいです。

また実際に採用の現場で、内定を獲得する人・落ちる人を見てきました。
なので、後半では『どんな人が落ちるか』といったお話もしています。

というわけで、本題に入ります。

 

結論、公認会計士の就活は余裕です

先に結論ですが、2019年現在において、就職に不安を感じる必要はありません。

会計士試験の合格者は、ほぼ全員が大手監査法人のいずれかに入社できるでしょう。

なぜ断言できるのか。理由は以下の通りです。

 

800名中500名に内定が出る

事実として私の所属していた大手監査法人は、800名の受験生のうち500名に内定を出しています。

6割以上は入社できるという事です。

しかも、大手監査法人は全部で4社あります。(Big4と言います)
仮1社落ちても、残り3社もほぼ同じ割合で内定が出ます。

ちなみに、4社すべての内定が貰えない割合は、約2%です。

98%の人は、いずれかの監査法人で内定が出ている計算になりますね。

一気に心配が吹き飛ぶ数値ですね。ご安心ください。

 

アラサー無職でBig4すべて内定

こちらも事実です。

私自身が就活をした時(2013年)は、

①27歳
②無職
③職歴なし
④学部学科は会計と無関係

という、新卒なら結構危ないステータスでした。

そんな私でも、Big4すべてから内定を貰っています。
つまり一般的な就活に比べて、空白期間はさほど問題視されません。

というか、そんな人は監査法人に山ほどいます。

上記のデータは2013年ですが、2019年現在はどうかというと、更に状況が好転しています。

私の後輩として入ってきた方も、31歳職歴なしで入社してきましたね。

 

AIにやられる問題

よく、こんなことが言われます。

 

画像名
有識者

これからはAIの時代だ。
会計士はAIによって消されるよ。

私もよく耳にします。
これから会計士を目指す方にとっては、とても心配ですよね。

では逆に、いま監査法人で働いている会計士たちはどう感じているか。

私も含めて周りの会計士は、微塵も不安を感じていません。

理由は次のとおりです。

①会計士自身がAIについて理解しなければならず、時間がかかる
②AIの導入に関する社内規定の整備に時間がかかる
③AIの導入作業には、相当な人手が必要となり、現状の人手では実現不可能

挙げればきりがありませんが。

私の個人的な見立てですが、少なくともAIを完全に導入するにはあと4年はかかります。
今の会計士不足の状況で、AIを導入するなんて無理ゲーです。

AI導入のために更に会計士が必要になるので、むしろ更に売り手になりますね。

じゃぁAIが導入されたら会計士が減らされるのでは? という問題。
これも心配不要であると断言します。

結局、「監査」という仕事を作り出しているのは、会計士自身です。

そして、AIは「監査」を効率的に行うために用いるツールです。

逆に言えば、今やっている無駄な作業を、AIに任せることができるようになります。

無駄な作業をAIに任せることができるので、より本質的な仕事に力を入れれば良いだけです。

現場の会計士は分かっていますが、現状、あまりにも無駄な事務作業を会計士自身がやってます。
これらが削減できるのは、むしろありがたい話です。

公認会計士の仕事がなくなる?回答:絶対なくなりません。理由は…

2019/04/04

 

落ちる人の特徴

一方で、非常に少ないですが、落ちる人もいます。

特徴はたった1つ。コミュニケーション能力が極端に低い人が落とされます。

私は何百人もの受験生・合格者を見てきましたが、これは間違いないです。

なぜ、コミュニケーション能力が合否を分けるのか。理由は以下です。

①そもそも監査という仕事自体、コミュ力が必要な仕事である
②チームでの仕事を円滑に進めるために、コミュ力が必要

また、面接官をしているパートナーも、みなコミュ力が一番重要であると断言していますね。

ちなみに、監査法人によっては論文式試験の順位表を持参させる法人もあります。
ただこのような場合も、順位が非常に高い場合に加点される(コミュ力が低くても多少は優遇される)のみです。

順位が低いからと言って落とされることは、まずありません。

ちなみに、私も過去にこのようなツイートをしてます。

コミュニケーション能力の回復は、試験後でも十分間に合います。

 

仮にBig4から内定が出なかった場合

さて、受験生の2%がBig4から内定を貰えない、ということが分かりました。

これ以上議論の余地も無い数値ですが、念のため、残り2%のケア。

仮にBig4から内定が出なかった場合、受け皿は次のとおりです。

  • 中小監査法人
  • 会計事務所
  • 一般事業会社の経理
  • コンサル会社
  • 証券会社や投資信託

他にもありますが、多いのはこの辺りですね。

絶対に入れるとは断言できませんが、確率論で言えば、合格して無職なんてことはまず起きません。

 

転職状況も超売り手

こちらはいずれ記事にしようと思っていますが、会計士は転職市場も超売り手です。

つまり業界全体で「会計士不足」の現状です。

僕自身も昨年転職しましたが、9割の会社から内定貰えました。

 

無職となる心配は現状ほぼなし

7割の方が、就活に不安を感じているかと思います。

でも実際は、さほど就職の心配はいらず、勉強に集中して良いでしょう。

就活のことを気にしてしまうと、勉強に身が入らなくなり、合格が遠のいてしまいますからね。

ちなみに、就職問題どころか、会計士には高収入が約束されます。
>>関連記事:公認会計士の年収とコスパ【詳細に検証してみた】

また、『もしこれから勉強を始める予定』という人は、試験制度についても調べておきましょう。
たとえば、公認会計士試験の難易度は意外と低いです。あまり知られてませんが。
>>関連記事:公認会計士試験の難易度を、分かりやすく解説するよ【実体験です】

 

コメントを残す