こんにちは、公認会計士・税理士のロディです。

以前、公認会計士労働組合から高級電卓【カシオ s100】のチラシが来ており、気になったので使ってみました。

結論、

感動。

の一言でした。

まぁ、3万円もする電卓なので当然ですが。

私は今まで5台の電卓を使ってきましたが、他の電卓とは別物だと感じました。

それでは【カシオs100】についてさらっと解説し、実際の使用感を見ていきましょう~。

 

 本記事で紹介する商品

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥26,660 (2021/10/21 09:47:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

高級電卓【カシオs100】とは?

カシオs100とは?
写真は開封時のもの。電卓とは思えないほど重厚に梱包されていた。

カシオs100は、市販(※)で購入できる電卓の中では 最も高級な電卓 です。

かれこれ10年以上、電卓と人生を共にしてきましたが、これよりも高級な電卓は見たことがありません。

※ 現在は品薄のため、ネット通販に限定されているとのこと。(確かに、日本橋丸善に行っても売っていなかった…)

カシオs100は、カシオ50周年を記念して生産され、当時は限定モデルとして数量限定で販売されていました。

しかし、あまりの人気で完売した為、市販されるようになったそうです。

カシオ電卓の最大の特徴は、「機能性」です。

 各電卓メーカーの特徴

 特徴
カシオ機能性
シャープデザイン
キャノン安さ

実用性を考えると、電卓はカシオかシャープの2択です。

特にカシオは、デザイン性よりも「機能性」を追求したものが多く、価格も少し高めです。
>>関連記事:カシオの電卓おすすめ5選【用途別にご紹介】

…のはずだったのですが、遂に禁断の「デザイン性」さえも追求したモデルを出しました。

それがs100です。

 

高級電卓【カシオs100】を使用した感想(機能性)

高級電卓【カシオs100】を使用した感想(機能性)
※ 写真は「iPhone7(左)」「シャープ電卓EL-N942(右)」との比較。 大きさはいたって普通。

私は受験生時代、シャープのEL-N942シリーズの電卓を使っていました。(値段は5,000円くらい。)

当時はお金がなかったので、デザイン性は捨て、最低限の機能で妥協しました。

そして公認会計士になった後、こちらのカシオs100を使いましたが、前の電卓がオモチャに見える程の感動でした。

大げさ? いえいえ、マジで凄いですよ。

この感動を文字でしかお伝えできないのが悔しいですが、、、ひとまず、要点ごとに感想をかきます。

 

何よりもまず、ボタンを叩いた時の「感触」が違う

何よりもまず、ボタンを叩いた時の「感触」が違う
※ 写真は斜めから撮ったs100。ボタンの質感が素晴らしいのですが、写真で伝わるかどうか…。

そしてこのs100を使ってみたのですが、まず明らかにボタン「感覚」が異なります。

PCに詳しい方なら分かると思うのですが、ボタンの感触はノートPCの「ThinkPad」に近いです。(ThinkPadよりも、もう少し固く重い)

また、ストロークが浅いため、かなり軽快に打つことができました。

電卓スピードの速い「会計士」「税理士」向けのモデルとのことで、この辺りはかなり考えられています。

あと個人的に、打つ感触がとても心地よいです。

ふつうの電卓を打つ感触が「カタカタカタ…」という感じで、s100が「タタタタタ」という感じ。

適度な「重み」があるので、打っているだけで楽しいです。

電卓のボディ自体もアルミ合金製なので、安定感があって良いです。

ボタンだけでなく、全体に重みがあり安定しているため、電卓を叩いた際の振動が1点に集まっているのでしょう。(安くて軽いものは振動が全体に波及してしまうため、軽いタッチになる)

色々な電卓を試してきましたが、この感触だけでも価値があると感じました。

 

視野角がスゴい(かなり見やすい)

公式HPでは「視野角が広く、見やすい」と謳われていますが、実際に使ってみると 非常にディスプレイが見やすいです。

比較画像を用意しました。

まずコチラが、通常の電卓(先述の5,000円の電卓)

 

通常の電卓の視野角 通常の電卓の視野角① 通常の電卓の視野角②

もちろん真上からは見えるのですが、確度によっては見づらさを感じます。

次に、カシオs100の視野角。

 

カシオs100の視野角 カシオs100の視野角① カシオs100の視野角②

かなり横から見ても、しっかりと数字が読めます!

電卓でよくあるのが、試験会場や座席によって「蛍光灯の反射でディスプレイが見えない!」といったアクシデントです。

そんなときは電卓の位置を変えたり、チルトの角度を変えたりするのですが、カシオs100なら心配無用。

常にハッキリと画面が見えるので、勉強や仕事の効率を低下させるリスクを回避します。

 

滑らない安定感

こちらも、昔私が使っていた電卓と比較します。

 

カシオs100の裏側のラバーカシオs100は アルミ合金製なので 元々の重量があるのですが、加えて裏面の「ラバー」が多いです。

なぜか一般的な電卓のラバーは少なく、滑りやすいものが多いです。(特に、長期間使っていると擦り切れてくる)

滑るとうまく打てなかったりして、ちょっとイライラしたりするもの。

カシオs100では  裏一面に樹脂コーティングがされており、そんな不快感を防いでくれます。ストレスフリー。

 

早打ちができる?(実感なし)

実務電卓には、通常「2キーロールオーバー」という機能が付いています。

2キーロールオーバーとは、2つのキーを同時に押しても(どちらか先に押したキーが)認識される機能をいいます。

電卓スピードの速い人ほど  キーを同時押ししやすいため、2キーロールオーバー機能は必須です。

しかしナント、カシオs100の場合には「3キーロールオーバー」を採用しているのです!

、、、と言っても正直、使っていて3キーロールオーバーの効果を感じたことはありません…。

それよりも、「キーストロークの浅さ」によってスピーディに打てている感覚のほうが強いです。

私のキータッチが遅いだけなのかもしれませんが、、、感触の良さのインパクトが強く、あまりスピードは実感していません。

 

音がほぼ無い

打つ感触がとても良いのですが、逆に「音」はほとんど出ません。

たぶん全電卓のなかで最もサイレント。

図書館でも(よほど神経質な方がいない限り)普通に使えるレベルだと思います。

でも、打つ「感触」はかなりあります。

 

見た目カッコイイ

カシオs100のデザイン性

機能面では大満足ですが、とにかく見た目がカッコイイ。

持っている人はまずいないし、所有欲満たしまくりです。

 

その他の仕様

その他の仕様は、次のとおりです。

  • 桁数:12桁表示
  • 電池寿命:約7年
  • サイズ:183 × 110.5 × 17.8mm
  • 重さ:約250g
  • レート計算機能
  • 消費税計算機能
  • メモリー機能

大きさは一般的(むしろ小さめ)ですが、重さは少し感じます。(一般的な電卓は200gくらい)

関数機能などは付いておらず、当然、資格試験などでも使うことができます。

ただし! 「日数計算機能」だけは付いていないのでご注意を。

日数計算機能は  簿記の「有価証券利息の端数計算」などで使う可能性があるのですが、月ごとの日数を覚えている方は特に必要ありません。
created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥26,660 (2021/10/21 09:47:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

高級電卓【カシオs100】のデザイン性

↑公式プロモーションMVまで作られている電卓。

機能性よりも「デザインがカッコイイ」という理由で、買われる方が多いようです。(私もその一人)

確かに、他の電卓とは明らかに違う高級感があります。

 

質感は唯一無二

カシオs100はボディがアルミニウム合金でできており、この点で唯一無二の存在感があります。(通常の電卓はプラスチック製)

光に反射した際のボディが、非常に高級感を醸し出しています。

また 金属のため、触れると常に「ひんやり感」を感じます。

アルミ合金は硬質ですが軽いため、携帯性は高いです。

 

色味は男性向け

色味はブラック・ブルーの2色のみです。いずれも渋い。

TAX部分やMemory部分にアクセントカラーが入っており、お洒落です。

私はアクセントカラーの映えるブラックを選びました。

 

高級電卓【カシオs100】の専用ケースも、高い…。

S100専用ケースも高い

カシオs100を買うと、「専用ケース」が欲しくなります。

やはり高級なモノなので、傷付かないか心配になるのです。

そこで、専用ケースを探したのですが、、、どれも高い。

 

ケースのラインナップ

どれも1万円以上のものばかりで、お金がかかる…。

※ カシオS100のケースは、公式サイトでしか売っていません。

なので、私は「サイズが同じならいいかな」と思い、次の電卓ケースを買いました。

シャープの別の電卓用ケース。

サイズは確かにぴったりなのですが…嵩張り過ぎる。 完全に失敗でした。

 

安いケース
ネットだとハードケースのものが多く、「買ってみたらかなり大きかった」という失敗がありえます。安いケースを探す場合には、家電量販店で実物を探した方が良いと思います…!

ちなみに!

この記事を書いている時、たまたま「発売5周年記念」として専用ケース無料プレゼントキャンペーンが開催されていました。

たまに、このようなイベントをやっているようです。

 

カシオs100まとめ

以上、カシオs100の使用感レビューでした。

まとめると、カシオs100は次のような方にオススメです。

  • 高級志向の方
  • 仕事・勉強でストレスなく電卓を打ちたい方

良いパソコンや家電を買うと、モチベーションが高まりますよね。

ぜひ良い電卓を手に入れて、仕事・勉強の効率を上げてみてください。

この記事で紹介した商品は、次の商品です。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥26,660 (2021/10/21 09:47:59時点 Amazon調べ-詳細)