最高級電卓【カシオs100】を公認会計士が使用してみた感想。

高級電卓

こんにちは、公認会計士のロディです。

以前、公認会計士労働組合から高級電卓【カシオ s100】のチラシが来ており、気になったので使ってみました。

結論としては、使い勝手が非常に良く、高級志向の方には1番オススメの電卓でした。

わりとお値段以上の価値を感じたので、ご紹介しようと思います。

それでは【カシオs100】についてさらっと解説し、実際の使用感を見ていきましょう~。

 

 本記事で紹介する商品

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥28,500 (2020/04/01 14:19:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

カシオ s100とは?

s100とは

カシオs100は、市販で購入できる電卓の中では、最も高級な電卓です。僕も電卓と人生を共にして10年以上が経過しましたが、これよりも高級な電卓は見たことがないです。

カシオs100は、カシオ50周年を記念して生産され、当時は限定モデルとして数量限定で販売されていました。しかし、あまりの人気で完売した為、現在は主にネット上で販売されています。

大手電卓メーカーはカシオとシャープの2強になっており、やや機能性が劣る点で3位にキャノン、という位置づけです。シャープは、デザインよりも機能性重視の電卓が多いですね。

 

一方でカシオは、デザイン性機能性の高い電卓が多いため、価格帯も全体的に高いです。

カシオs100は、国内の山形にある工場で製造されています。電卓としては珍しく人の手で1つ1つ丹念に作り込まれており、また完全日本製ということもあり28,500円という高価な価格で販売されています。

なお、現在も生産量が少ないため、家電量販店などではまず目にすることはありません。

 

高級電卓【カシオs100】を使用した感想(機能性)

s100を使用した感想

僕は受験生時代から、シャープのEL-N942シリーズの電卓を使っていました。(値段は5,000円くらい。)

当時はお金がなかったので、デザイン性は捨て、最低限の機能に妥協しました。その後こちらのカシオs100を使いましたが、前の電卓がオモチャに見える程の感動でした。

 

何よりもまず、ボタンを叩いた時の「感触」が違う

触った感触

そしてこのs100を使ってみたのですが、まず明らかにボタンの打撃感覚が異なります。

良いPCキーボードを使ったことのある方なら分かるかもしれませんが、ボタンに適度な重みがあり、叩いていて心地よさを感じます。

これが重すぎるとストレスになりそうですが、良い感じの重さなのでストレスはないです。なぜこんなに打撃感覚が違うのか考えたところ、どうやらボディ全体がアルミ製であることが理由のようです。

ボタンだけでなく、全体に重みがあり安定しているため、電卓を叩いた際の振動が1点に集まっているのでしょう。(安くて軽いものは、振動が全体に波及してしまうため、軽いタッチになります。)

色々な電卓を試してきましたが、この感触だけでも価値があるなと感じます。

 

「音」も違う

ピアノをやっている方なら分かるかと思いますが、生ピアノと電子ピアノくらい打撃音が違います。サイレントキーを採用しているため、うるささはないのですが、何とも言えない心地よい音が響きます。

 

とにかく早打ちができる

電卓を仕事や勉強で使われる方は、自然と電卓を打つスピードが速くなりますよね。なので、既に「早打ち機能(2キーロールオーバー)付き」の電卓を持っている方も多いと思います。

しかし早打ち対応の電卓でも、何故かたまに打ちミスがありますよね。僕自身も、打ち慣れているのに打ちミス(?)がたまにありました。

それが、このs100を使ってからだいぶ減りました。というのも、s100には超早打ち機能として3キーロールオーバー機能が付いているためです。

 

3キーロールオーバーなので、3ボタンを同時に押しても(正確には1度ボタンを押し、ボタンから指を離すまでに他2ボタンを同時に押していても)認識されます。

通常の早打ち機能では2ボタンまでの対応なので、s100は電卓をスピーディに使うプロ仕様と言えます。

 

滑らない安定感

s100の裏側

裏面を見ると分かりますが、珍しく一面に樹脂コーティングがされています。通常の電卓では、四隅など部分的にしか滑り止めがなく、やや滑りやすかったりします。

一方でs100は軽量かつ滑りづらく、電卓を打つ際のストレスがありません。地味ですが、「滑らず安定する」というのは結構ポイント高いです。

 

視野角は普通

公式HPでは「視野角が広く、見やすい」というのが売りにされていますが、実際に使用した感想としては、そこまで大きなメリットではないかな、と感じました。見づらければ、電卓を動かせば良いだけですからね。

もちろん、100均の電卓と比べたら当然見やすいです。

 

その他の仕様

その他の仕様は、次のとおりです。

  • 桁数:12桁表示
  • 電池寿命:約7年
  • サイズ:183 × 110.5 × 17.8mm
  • 重さ:約250g

 

その他、必要な機能は全て付いています。関数機能などは付いていないため、資格試験への持ち込みの可です。

電卓の中では小さく軽い部類なので、携帯も便利です。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥28,500 (2020/04/01 14:19:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

高級電卓【カシオs100】を使うと「モチベーション」が手に入る

S100が他の電卓と大きく違うのは、「高揚感」「勉強への意欲」「仕事へのモチベーション」が手に入ることです。

「最高品質の電卓を使用している」という満足感が常にあります。

何なら、いつもは「仕事が終わったのに、勉強なんてしたくない…」というネガティブな気持ちだったのが、

「早く勉強がしたい!」「電卓が打ちたい!」という気持ちにさせてくれます。

なかなか、「モチベーション」を意識して上げることは難しいですよね。

このような将来への投資につながることも、S100の大きな魅力です。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥28,500 (2020/04/01 14:19:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

高級電卓【カシオs100】のデザイン性

↑公式プロモーションMVまで作られている電卓。

機能性よりも「デザインがカッコイイ」という理由で、買われる方が多いみたいですね。

確かに、他の電卓とは明らかに違う高級感があります。

 

質感は唯一無二

s100はボディがアルミニウム合金でできており、この点で唯一無二の存在感があります。(通常の電卓は、プラスチック製ですよね。)

光に反射した際のボディが、非常に高級感を醸し出しています。金属のため、冬などの寒い時期は少しひんやりします。

アルミ合金は硬質ですが軽いため、s100も携帯性◎です。

 

色味は男性向け

色味はブラック・ブルーの2色のみです。いずれも渋いですね。

TAX部分やMemory部分にアクセントカラーが入っており、お洒落です。

(どうでもいいですが、ブラックの方はEYっぽい色味ですね。)

 

高級電卓【カシオs100】のコストパフォーマンスは?

カシオs100は、他の電卓にくらべて圧倒的に高いです。ただ、投資する価値は十分にありました。

 手に入った物

  • 仕事・勉強へのモチベーション
  • 満足感

 失った物

  • 28,000円

 

28,000円程度であれば1日で回収できますが、モチベーションはずっと得られます。

また、満足感もすごいですね。洋服やアクセサリーを購入した時の感覚に近いです。

 

ちなみに、カシオ社によるこの製品の営業利益は、赤字だそうです。笑

もともと採算性を度外視した限定品だったので、合点がいきますけどね。

 

以上です。

この記事で紹介した商品は、次の商品です。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥28,500 (2020/04/01 14:19:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメントを残す