【経理の人向け】面接で使える『転職理由』を紹介します

こんにちは、公認会計士のロディです。

経理に転職する人は、『転職理由』に困りますよね。

本音としては人間関係や待遇に不満があったりと、ネガティブな要因も大きいはずですが、そのままESに書いたり面接で話すことはできないですよね。

そこで本記事では、ESに書ける、面接で話せる転職理由をご紹介します。

 

[目次]

1.転職理由(建前)
2.転職理由(本音)
3.失敗しないための『転職理由』を作成するポイント
4.添削サービスを利用
5.転職理由が見つからない場合は、現状分析を行う。

 

 

【経理の人向け】面接で使える『転職理由』を紹介します。

先に、面接で使える経理の転職理由『例』をいくつかご紹介します。

 

転職理由① スキルアップのため

この理由は、次のような人におすすめです。

  • 現在の業務内容に、不満を感じている人
  • かなりニッチな(狭い)領域しか担当できず、将来のキャリアが不安な人

これらはネガティブな理由ですので、『スキルアップのため』と言い換えましょう。
すると、たとえば次のような転職理由が出来上がります。

現在は上場企業の個別決算業務にあたっています。しかし、組織の全体感を見渡し理解したいという思いから、連結決算にも携わりたいと考えました。御社のポジションとして連結スタッフを募集している事を知り、応募しました。

かなりシンプルですが、これでOKです。(ESレベルならこれで問題なし。ESをシンプルに書くことで、面接で相手に深堀りして質問させることができるので、事前に面接時の受け答えができるようになるメリットがあります。)

なお、実際に面接で話す場合には、必ず事前に『その会社の求めているポジション』を調べておきましょう。これを調べずに「これがやりたい」と言ってしまうと、そのポジションが空いていない可能性があり、「なんでうちの面接受けに来たの?」となってしまいます。

 

転職理由② 仕事にやりがいを求めて

経理の仕事は、やりがいを感じづらいと言われることもあります。
ポジションや職種、規模など様々な要因によって、仕事内容は大きく異なります。適材適所で、経理であってもやりがいを感じる仕事はたくさんあります。

そのため、「この仕事にやりがいを感じる」という転職理由はオーソドックスであり、まったく問題ありません。
ただし、実際に働いている側(面接官)からすると、「そんな面白くないけど、本気で言ってる?」と深読みされる可能性が高いです。

そこで、志望企業のどこにやりがいを感じるのか、綿密な調査が必要です。
調査し、ロジカルな理屈付けができれば問題なしです。

 

転職理由③ 英語力を活かしたい

海外SECで上場している企業の日本法人子会社や、商社等では、かなり英語力を使う機会が多いでしょう。このような場合、「英語力を活かしたい」という志望動機は有効です。

ただし、他にも英語を活用できる企業は多くありますから、プラスアルファの理由が必要です。

また、TOEICの点数はある程度必要である事(最低でも700点)も必要になります。(英語力を活かしたいのに、TOEICの点数が低かったら、「なんで?」ってことになるので。)

 

転職する経理マンの『本音』

以上、ESで書ける、面接で話せる転職理由でした。
しかし、すべての経理マンが上記の理由で転職するわけではありません。

むしろ、これらは建前でして、本音は別の理由という人がほとんどです。

ということで、ここでは本音としての転職理由をご紹介します。

 

本音の転職理由① 人間関係での悩みがある

リクナビNEXTの調査によれば、「退職理由の本音」の約40%が人間関係です。
そのくらい、人間関係に不満を抱いて転職する人は多いです。

経理という仕事は、他部署と連携する機会が多く、より人間関係で悩みを抱える人は多いでしょう。

例えば、「あの部署の人、いつも高圧的で全然協力してくれない」とか、「そもそも、この会社の社風がちょっと合わない」という悩みを抱えている人が多いです。

この点、転職してしまえば今の会社の人間関係とは手を切れるわけです。

ただし転職する際はどんな人間関係が理想なのかを明確にし、その理想に合った会社を探さなければ、また似たような人間関係で悩む危険性があるので注意です。

 

本音の転職理由② 仕事内容に不満がある

一言に「経理」といっても、仕事内容は会社によって大きく異なります。

たとえば業種によって、取り扱う論点は大きく異なります。

  • 不動産業:不動産特有論点(減損会計、工事進行基準、その他開示など)
  • 金融業:金融特有論点(与信管理、デリバティブ、その他開示など)
  • 製薬業:製薬特有論点(薬事法、保障・賠償引当、その他開示など)

また、規模やフェーズ(IPOや鞍替え上場など)によっても、関わる領域は大きく異なります。

  • IPOベンチャー:個別・連結・IR・内部統制など、一人で幅広く担当
  • 上場企業:特定の勘定科目のみを担当など、1つの業務に特化

その他、外資系企業であれば英語を活用できるなど、組織によってできる仕事は様々です。

特に、上場企業などの大企業で経理をしていると、特定の科目や分野に特化することになり、潰しが利かなくなるのでは?と不安を抱く方が多いようです。
この不安はごもっともでして、企業によって会計処理は様々なので、転職した場合に今までの経験を活用できない可能性が高いです。

そのため、転職先として(特に20代~30代の人は)ベンチャー企業を視野に入れる人も多いですね。(ベンチャーであれば幅広く経験でき、潰しの効くスキルアップが臨めるため。)

 

本音の転職理由③ 給与に不満がある

給与・年収に不満を感じている経理マンは多いです。
理由は、次のとおりです。

  • 『経理部』を重視する企業が少ない
  • 1年ごとの昇給額が少なく、昇格しなければ大きく給与アップすることができない

経理部は「管理部門」にあたり、売上を独自に獲得する部門ではありません。
そのため営業部に比べると、給与面で重視されない傾向にあります。

また、1年ごとの昇給額は(一般的に)低い傾向にあり、大きく年収アップするためには「昇格」を目指す必要があります。
大きな組織の場合にはすぐに昇格することが難しく、不満を感じる方が多いようです。

ただし、こちらも経理部に対する待遇は企業ごとに異なるので、転職によって大きく年収アップを目指すことは可能です。

 

失敗しないための『転職理由』のポイント

ここまでで、本音と建て前の転職理由を例示しました。
ここからはご自身のキャリアや考え方によって、アレンジが必要になります。

そこで、転職理由を考える際のポイントを挙げておきます。

  • ネガティブ・マイナス要素は、ポジティブ・プラス要素に言い換える
  • 理由は1つだけではなく、複数考え、合わせ技での1本を取る
  • その会社で「できる事」「求められる能力」を正確に知る

上述したとおり、ネガティブ・マイナスな転職理由(つまり本音部分)を素直に面接で話すのはNGです。
必ず、ポジティブ・プラスの転職理由(つまり建前)に言い換えて話しましょう。
上述の内容で言えば、「仕事がおもしろくない」→「御社の業務にやりがいを感じて」といった感じですね。

また、転職理由は必ず複数用意しましょう。
1つだけでも問題ないケースもありますが、1つだけだと多くの場合「それって、他の会社でも通用する理由だよね?」と突っ込まれて終わります。
『この会社じゃないといけない理由』をとことん突き詰めて考えましょう。

そして最後に、その会社で「できる事」「求められる能力」を正確に知りましょう。
このような綿密なリサーチをしなければ、的外れな転職理由が出来上がってしまいますし、何より転職後に自分自身が後悔することになります。

 

添削サービスを利用すると、より盤石。

転職を考えている方の中には、すでに転職エージェントに登録し、実際に動き出している方も多いと思います。
エージェントによっては、「ESの添削」「面接対策」を行っているエージェントがあります。
もし今登録している転職エージェントが同サービスを提供している場合、ぜひ活用することをおすすめします。

彼らは何百・何千もの人の求職支援を行ってきた、キャリアカウンセリングのプロです。
色々な事例を見てきているはずですから、フル活用し、転職失敗のリスクをなくしましょう。

なお、当サイトで経理マンに最もおすすめの転職エージェントは、MS-JAPANです。
経理職の求人数が最も多く、サービスの質が高いのでおすすめです。
>>関連記事:MS-JAPANの評判と口コミ【サービスの質は?満足度は?】

 

どうしても、ネガティブな転職理由しか見つからない場合

転職活動というのは、企業と個人のマッチングです。
ご自身に合った企業とマッチングすることが、一番重要です。

現状への不満が強い場合、ネガティブな転職理由しか見つからないケースが多いです。
それもそのはずで、「この企業で働きたい!」という気持ちよりも「今の会社を辞めたい!」という気持ちの方が強いからです。

このような場合は、まず現状の何が不満なのかを明確にするようにしましょう。
ここを明確にせず、何となく転職してしまうと、転職先でも同じような不満を感じる危険性があります。

何が不満なのかを明確にすることで、何が自分にとって重要なのか、何が満たされれば満足するのかが分かります。これが分かれば、自ずと転職先に求めるものも明確になりますよね。

また、もし明確な不満が見つからないのであれば、「そもそも転職する必要はない」という結論になることも十分考えられます。
一番ダメなのが、転職先でも同じ不満や悩みを持つ事です。これでは、キャリアが無駄になってしまいます。

 

コメントを残す