こんにちは、公認会計士のロディです。

職業柄、数多くの電卓を使い倒してきました。(今は5台目)

今回は、「シャープ」のオススメ電卓をご紹介します。

電卓は、用途によって機能・デザイン・価格が変わりますから、それぞれ用途ごとにオススメをご紹介します。

見た目がカッコイイことで人気のシャープ電卓ですが、品質も高いです。

 

スポンサーリンク

シャープ電卓おすすめ1【資格試験・経理実務なら】EL-G37

created by Rinker
EL-G37
¥6,175 (2021/11/29 20:13:41時点 Amazon調べ-詳細)

日商簿記・全経簿記・電卓検定などの検定試験をはじめ、公認会計士・税理士・中小企業診断士など、すべての資格試験で使えるのがコレです。

私は、公認会計士の修了考査(最終試験)でコレを使いました。

また、その後の監査現場においても ガンガン使ってました。

資格試験・実務での「電卓」には、次の機能が必須ですが、これらが全て備わっています。

 資格試験で必須の機能

  • 「√」「日数計算」「検算」などの機能
  • 高速早打ち機能
  • メモリー機能
  • 12桁表示
  • 静音キー
  • ディスプレイが見やすい
  • コンパクトで邪魔にならない

今は3万円ほどの電卓を使っているのですが、それを買う前までは この電卓を使っていました。
>>関連記事:最高級電卓【カシオs100】を公認会計士が使用してみた感想。

公認会計士の予備校の受付でずっと売っていたので、私の周りの受験生も、大体コレを使っていました。

また、カシオ等の電卓に比べると安価なので、学生の受験生にはオススメです。
(カシオの同品質のモノと比べると、1,500円ほど安いです)

シャープ製の電卓のなかでは最も性能が高いため、コレを持っておけば盤石です。

ただし、1つだけデメリットがあります。それは「チルト機能」がないことです。

元々ディスプレイが見やすいため、チルト機能(画面の角度を調節する機能)が付いていないのです。

人によっては、光が反射して見えるケースもあるようなので、次にご紹介する「コスパ重視の電卓」の方を検討してみてください。

なお 簿記用の電卓については、日商簿記検定用のおすすめ電卓6選で全ランキングをご紹介しています。

 

シャープ電卓おすすめ2【コスパなら】EL-N732KX

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥1,555 (2021/11/29 10:26:44時点 Amazon調べ-詳細)

性能が悪いのでは?と思われるかもしれませんが、必要な機能は備わっています。

 特徴

  • 12桁表示
  • 早打ち機能
  • 換算レート計算機能付き
  • サイレントキー
  • 電池寿命:7年

ただし残念なのは、「日数計算」の機能が付いていない点。

資格試験で使うのであれば、「日数計算」を使う可能性があります。(たとえば簿記2級の端数利息計算で使用)

実務ではエクセルを使うケースの方が多いで、そこまで気にしなくて良いかも。

なお「換算レート計算機能」とは、ボタン1つで円換算する機能です。(たとえば@110円を登録し、数値表示中にボタンを押すと、@110円を乗じた金額が表示される)

換算レート機能は「簿記検定」においても使用が認められているので、こちらは心配ありません。

見た目が昔ながらのデザインなので、「最低限の機能性さえあれば良いよ!」という方にはオススメできます。

 

シャープ電卓おすすめ3【デザイン性なら】EL-VN82

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥2,345 (2021/11/29 20:13:41時点 Amazon調べ-詳細)

凝ったデザインの多いシャープ電卓ですが、特にデザイン性が高く人気なのがコチラ。

シャープ50周年記念の限定モデルです。

シンプルに、カッコイイです。(全4色)

 特徴

  • 12桁表示
  • 早打ち機能
  • 消費税計算機能
  • サイレントキー
  • チルト有り
  • 電池寿命:5年

「日数計算」が付いていない為、簿記2級以上を目指す方にはオススメしません。

デザイン性が高いのですが、電池寿命は少し短く、5年後に終わります。

とはいえ、電卓のなかでは格安の部類ですので、コスパは高いです。

限定モデルなので人と被りづらく、資格試験を意識されていない方(又は簿記3級までしか意識していない方)には、かなりオススメです。

 

シャープ電卓の特徴(カシオと何が違う?)

シャープvsカシオ

シャープとカシオの電卓の大きな違い。

それは、「キー配置」です。

上記の写真を見ると分かるとおり、カシオは「C(クリア)」「AC(オールクリア)」ボタンが左側に配置され、「0(ゼロ)」ボタンが左側に出ています。
また、「四則演算(+-×÷)」が縦一列に並んでおり、「=(イコール)」は左側に出ています。

どちらが使いやすいか?とよく聞かれますが、正直「好み」のレベルです。

私はシャープ・カシオの両方を使ったことがありますが、「どっちが使いやすい」と感じたことは無いです。

どちらも1ヶ月使っていれば慣れます。(ちなみに今はカシオ)

 

ちなみに、シャープ製の電卓は製品数が(カシオに比べて)少ないです。

電卓市場はカシオとシャープの2強と言われていますが、選択肢の幅はカシオの方が多いです。

一方で、シャープは「デザイン性」「低価格」という点で長けています。

上記のキー配置と比較衡量し、あとは好みで選ぶと良いですよ。

なお カシオ製の電卓についてはカシオの電卓おすすめ5選【用途別にご紹介】でご紹介しています。

 

シャープ製のオススメ電卓まとめ

まとめです。

シャープ製の電卓(用途別)オススメ

今回は「シャープの電卓」に絞ってご紹介しました。

電卓は、モノによって操作効率が全く違います。

ぜひ本記事をご参考いただき、「仕事」「勉強」の効率を上げてくださいね。